食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

蕎麦をすする音は、、、

こんな記事を見つけました。 matome.naver.jp 他にも日本語のウィキページまで。 ヌードルハラスメント - Wikipedia これって、冗談記事でしょうか。 アメリカにはThe Onionというジョーク雑誌があって(今はオンラインですが。雑誌の方はもう存在しないと思…

ざくろの味、イランのレシピ

その昔、なぜだかイラン(の多分テヘラン)〜東京間には直通便があったそうです。 JALなのかな、どこの航空会社だったのかな、それは知りませんが。 そういうわけで、一時期の東京にはイラン人がたくさんいらっしゃいましたよ。 個人的には知り合いになった…

住めば都の話

去年の今頃、裏庭のリンゴは結構豊作でしたねえ。 このブログを読んでくださってる方はとっくにご存知かとは思いますが、私が住んでいるのはカナダはケベック州の州都、花の都モントリオールでございます。 たまに日本から遊びにきてくれる友人や家族を、ど…

伴侶と自分の食への姿勢の違い

写真は、実るほど頭を垂れるライ麦でございます。義母がまだ元気な頃、彼女の自宅の裏のライ麦畑にて撮影 先日、ヴィーガンになって3周年ということで、自分の生活を振り返って思ったことを書きました。 で、夫婦の間で食の好みが違うことがどこまで重大か…

チョコレートカヴァード・クランベリー

400グラムくらいのクランベリー、これが、、、、 ずいぶん前に行って来たクランベリー・ピッキングですが、 うちにはまだ、あの時のクランベリーがたくさん残っていまして、 マフィンもクランベリーソースも飽きたので、今日はチョコレートでクランベリーを…

あったかミトン・古いセーターのアップサイクル

秋がぐんぐん深まってきましたね。 そろそろ冬支度も進めなければいけない時期になってきました。 我が家の場合、畑を片付け、庭の蛇口への水を止め(水があると凍って水道管が破裂するため)庭に置いてある様々な小物やBBQなどを倉庫へしまい、落ち葉を掃除…

3周年記念・ヴィーガンと人間関係

先週の日曜日、北米も時計を1時間遅らせて夏時間が終了しました。 ふと気がつくと、もう十一月初旬です。 考えてみると、2014年の八月下旬か九月初旬から始めたヴィーガンというライフスタイルも、まる3年が経ち、晴れて4年目に突入していました。 あ…

パンプキン・ピッキングとスクアッシュ・シチュウ

これらは、日本でいうかぼちゃの親戚、スクアッシュでございます。 今週末は、パンプキン・ピッキングに行ってまいりました。 かぼちゃ狩り? 本当はリンゴを採りに行きたかったのに、目当てのオーチャードは「今年はもうおしまい」ということで、今年は行け…

秋本番、ヴィーガン・リーク鍋で暖まろう

今年は秋が来ないなあと思っているうちに、すでに十一月になりましたよ。 来ないなあといいつつ、寒い日もくるし、今週末には北米もとうとう夏時間がおしまいになりますので、本格的な秋です。 窓ガラスの結露が激しい季節です。 とはいえ異様に暖かい日もあ…

君の名は、、、そして実体は?

先日書いた白崎裕子さんのマフィンの記事に、カリフォルニアを拠点に世界の美味しいものについて書いていらっしゃるMarichanさんからコメントをいただきました。 Marichanさんは白崎さんのレシピに登場する「てんさい糖」の代わりにココナッツシュガーを使わ…

アボカドの発芽と今年の北の畑(2017)

日本から戻ってきたら、八月の終わりに土に埋めて窓辺に置いておいたアボカドの種が、発芽していました。 アボカドの種は水栽培にすると芽が出るといいますが、水栽培にしていた間は全く微動だにしなかった種。 もうダメかな?と諦めかけましたが、「どんな…

白崎裕子さんのジャムマフィンに初挑戦

卵もバターも使わないけれど美味しい焼き菓子といえば、という感じでお名前はよく拝見していましたが、実際に白崎さんのレシピでお菓子を焼いてみようと思ったのは実は今回が初めて。 単に今までレシピを持ってなかったからなんですけどね。 今回の帰省で入…

今年の秋はクランベリーづくしの予感

先日収穫して来たクランベリーは店で買うよりも丸々として大きな実がたくさん。元々が酸っぱい果物なので、実の大きさや色づき具合が味にどこまで関係しているのか、確認するには至りませんでしたが。 クランベリーといえば、 クランベリーソース クランベリ…

簡単・サワドー・ブレッドの作り方

ちょっと前に、サワドー・マザーの話を書きましたが、今日はそれを使ってサワドー・ブレッドを作りましょう。 有名なプロフェッショナルのベイカーさん方がサワドーのレシピを公開していますから、そういうプロみたいなのをじっくり挑戦するのも楽しいのです…

GUCCIが来年から毛皮の使用を辞める話

タイトル通りですが、グッチ、来年から毛皮なしで行くことにしたそうです。 CEOのMarco Bizzarri氏がLondon College of Fashionで発表したそうで、 "Being socially responsible is one of Gucci's core values, and we will continue to strive to do bette…

お惣菜宅配:ちょっと楽をしたい時に便利です

減塩生活に突入して間もないわが両親。 心臓、血圧に注意をしなければいけない本人は父ですけれど、食事の支度をするのは母親です。 いちいち計量スプーンなどで測ったりレシピを読んでそれに沿って料理したり、ということがなかったうちの母ですから、いき…

クランベリー・フィールズ・フォエヴァー

土曜日に、クランベリー・ピッキングに行って来ましたよ。 これ、クランベリーのブッシュなんですけど、ぶどうみたいに見えませんか? 毎年秋にはリンゴを摘みに行くのが楽しみなんですけれども、今年は義母の死や父の緊急手術があって、リンゴ狩りシーズン…

ノヴァスコシアの画家 Maude Lewisをモデルにした映画

日本へ戻る機内で見た映画で、今回気に入ったのは、こちら。 Maudie, 2017 Aisling Walsh監督 Mongrel Media - Maudie アイルランドとカナダの合作みたいなクレジットが出てきたので、アイルランドのお話っていうことなのかな?と思いながら見はじめたら、実…

時差ボケ対策と小さい秋

時差ボケ対策にはお日様に当たることが一番です。 と、よく言われますが、フライトの翌日は夕方までずーっと目が覚めず、 その翌日はずーっと雨降りで、 そんな次第でお日様にお目にかかるのにちょっと時間がかかってしまいました。 日曜日は曇り空でしたが…

カナダへ戻りました。機内持ち込み弁当メモ

写真は私のではございません。こちらからお借りしました。 https://pxhere.com/ja/photo/1323855 短かったような長かったような日本滞在を終え、カナダに戻ってまいりました。 現在、時差ボケ真っ只中でございます。 時差ボケも、若い頃は平気だったんですけ…

日本で作った、ヴィーガンご飯

母の台所で作ってみた、ヴィーガン・サーグ・パニールです。これに、ダールも作って添えました。 casse-pied.hatenablog.com こう言った、和食でも洋食でもないものをあまり好まない父が退院する前に、スパイス好きの母と食べるために作りました。 法蓮草で…

病人の減塩食と現実

今回の急な帰国の理由は、急性心筋梗塞で緊急処置をうけ入院した父の様子を見る為でした。 遠方に住んで居るので、こういう状況を一番恐れていたのですが、お蔭様で父は順調に回復し、退院に至りました。 知らせをうけたのが義母の葬儀の翌日のことでしたの…

繊細さ?気にし過ぎ?

日本に居るきゃすぴえです。 前回は滞在中ほぼ9割方外回りをしていたのに対し、今回は多分出国までこのまま親の家に滞在して外出はほぼなし、外食すらほぼなしであろう、地味な滞在をしております。 まあ、ゆっくりしてられていいかも、、と思いましたが、…

再び日本、2017秋

急な事情で、日本へ再び帰省しております。 春先に帰省してから半年ほどですので、ああ懐かしいとか、そう云う感覚も無いのですが、まあせいぜい日本の好さを味わえたら、、、と思うのです。 でもきっと味わえるものは限られてますので、自宅で作りたい簡単…

加工食品の中身について

暫く前に成りますが、SAVEURの記事でこんなものを見掛けました。 「これらドイツの広告グラフィック・アートがあなたの好物の食べ物の中には実際に何が入っているのかをみせます」と云うようなタイトルです。 毎度思いますが、自然な日本語に訳すのって難し…

ムジャダラと冷蔵庫の残り野菜炒め

先々週あたりからこっち、バタバタしていたので、冷蔵庫の中の野菜が使い切られることなくずっと滞っていました。 ズッキーニ3本と、マッシュルーム16oz、しいたけ4つ、、、 人参とか、割と長持ちするものはいいんですけど、足が速いやつは早く使ってあ…

Sweet Greens でヴェジ・バーガー

チックピー・ベースのパティとトマトとレタスが挟まれたバーガーです。サイドのピクルスは、ディル・ピクルス。 義母がホームに入ってから見つけたお店、Sweet Greensですが、ここに来ることもこれが最後だろうと思いつつ、食べに行って来ました。 初めて食…

久しぶりにVIAに乗ってオンタリオへ

義母の訃報を受け、先に一人で義母の元にかけつけていた夫とその兄弟姉妹たちと合流すべく、私は長距離列車・VIA Railでひとまずトロントへ行きました。 義母が住んでいた老人ホームや自宅はトロントからだと2時間くらいの田舎にありますが、そこへ運んでく…

義母のこと

義母が住んでいた家のすぐ裏のライ麦畑。この写真を撮ったのは、2年前。義母はまだ自宅に住んで家事もこなして暮らしていました。 私ごとですが、こちらの現地時間の9月16日の朝、義母が亡くなりました。 1931年生まれの85歳でした。 病気ではなく、老衰で…

環境に優しいパンの保存なるか

ビーズワックス・ラップス 先日ビーズワックス・ラップスを作りました。 パンの保存にいいんじゃないかと思って。 ラップスを作る前夜にパンを焼いて、温度が冷めるまでおいておいて、翌日作ったラップスで早速包んで見ましたよ。 昼にスライスして食べた残…