食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

レシピ

ラタトゥイユ、トマト有りと無しで

オンタリオで義母の車椅子を押して小一時間散歩したり、ブルース・トレイルを何時間も歩いたせいか、すっかり日焼けしました。 帰りの高速道路のサービスエリア。長時間ドライブなので、トイレと給油で止まったついでにちょっと一息。夏はサービスエリアのピ…

手軽で美味しい、カリカリ豆腐

最近和食を食べていませんでしたので、久しぶりにひじきの煮物と焼きナスが食べたいなあ、、、と思っていました。 いや、先日行ったヴィーガンのレストランで知人がナスの揚げ浸しみたいなのを食べているのを見た時から、焼き茄子がずっと頭にあったんですよ…

便利で使える緊急レシピ、バターチキン(バターもチキンも抜きで)

うちの街って結構いい加減というか、日本では考えられないような無茶なことが巻き起こること、結構あるのです。 一月くらい前には家の前の通りの下水工事のため断水。 通知が来ていた日には断水にならず、翌日通知なしで断水になったり、その三日後にも午前…

庭のハーブでグリーン・ソース

先週末は良いお天気が続きました。 お天気が良いとうちは庭でBBQです。 BBQというと、ヴィーガンでないおたくでは肉ですけど、うちではヴェジ・バーガーや野菜、テンペなどをジャジャジャっとやります。 朝、仕事に出かける前に庭のバジルやオレガノを見て「…

パプリカ風味のホームフライとベイクド・ビーンズで朝ごはん

上から時計回りに、ホームフライ、ベイクド・ビーンズ、豆腐スクランブル、前夜のBBQの残りのベジ・バーガー(ミニサイズ)です。 ベイクド・ビーンズはアングロサクソン系の朝食の定番アイテムです。 初めて食べた時には「なんじゃこりゃ」と思った覚えがあ…

忙しくて疲れている時の夕飯メニュー

ちょっとぶれてますね、湯気かな、まあ、気持ちだけ伝われば。笑 いつも仕事で疲れて帰ってきて料理する気力がない、って書いているような気がしますが、そんなに疲れてるわけではありません。 ああ、でもやっぱり疲れてるかな。 職場で料理をした日はやっぱ…

タイ・スティア・フライ

まだタイには行ったことがありません。 本物のタイ出身のかたやタイに詳しい方が聞いたら笑っちゃうような眉唾かもしれませんが、タイに子供の頃住んでいたという友人が夫に教えてくれて、それを夫が作ってるのをみてるうちに私も覚えた、という、なんという…

大ピンチの時でもなんとかなる・スープ

大ピンチってなんだって感じですけど。。。。 右手を怪我してしまいました。 折れてないとは思うけど、念のためにウォークイン・クリニックで診察してもらったら、折れてると。(でも折れてない可能性もあるからしばらく様子見て、また診察しましょう、それ…

Love You Cookies(ヴィーガン)と、老いについて

クッキーが好きな義母のために、今回も焼いて持って行きました、自称、Love You Cookiesです。 チョコレートたっぷりのアメリカ〜ンな味のクッキー(そうです、甘さが大胆不敵です。日本の甘さ控えめをお好みの向きは、砂糖注意。) 私自身が甘い物好きでな…

刺身昆布で炊き込みご飯とからしみそ和え

食べる直前に写真を撮ろうとすると、さっさと撮って食べたい!という気持ちがあるのか、ろくな写真は撮れません。皿も欠けてますね。笑 まあ、気にしてませんけど。笑 この日は、帰宅が遅く、しかも天気が良くてつい気持ちよくデッキでビール。 で、ハッと気…

Absorption Pastaと暖かい春の夕方

Absorption Pasta というのは、Chocolate and Zucchiniというブログで有名なClotildeさんの記事を読んで知って以来、何かと我が家で活躍している手抜き、いやいや、水抜きパスタです。 パスタを大量の水で茹でてからソースに絡めるのではなくて、ソースを調…

春らしく、ラピニと厚揚げの焼うどん

下ゆでしたラピニは絞って適当な長さに切り、中華鍋で先に炒めておいた具に加え、調味してさっと混ぜたら麺を入れて炒める。以上。簡単。 菜の花って日本では春の野菜でしたっけ? ずいぶん前に春先に帰省した折に、母が菜の花のおひたしとか酢味噌和えなん…

遅い春と、らーめん

今年は春が遅いです。 17度くらいまで上がる暖かい日が来ると、そのあと五日くらいは最高気温が10度行くかどうか、な日々が続きます。 ジラせます、春。 夕食のアイデアに困った時、最近は結構ラーメンにします。 美味しいし。 翌日弁当持っていかなくて…

春の酒粕・クリームパスタ

先週の土曜日の夕飯です。見かけは美しくないですね。笑 ブリュッセルスプラウツをオーブンでローストして、豆乳と酒粕クリームであえた、カノウユミコさんにインスパイアされた春のパスタ! というと聞こえがいいですが、買い物に行きそびれたので冷蔵庫に…

タイ風インゲン豆と豆腐炒め

先週の日曜は、割と天気も良くてポカポカ陽気でしたので、川べりの公園に行ったら、結構散歩に来ている人がちらほらと。川の氷もかなり溶けて来て、雪解け水がガンガン流れる川の上を、氷のかけらが流れていました。 辛いものが食べたくなったので、タイ風の…

久々にジャックフルーツでプルドポークもどき

春めいてきたし、久々にプルドポークもどきを もうちょっとほぐすと本当にプルドポークみたいに見えます。 日本から帰国して以来、毎日ではありませんが、結構しょっちゅうカノウユミコさんのレシピ本から夕飯に一品、二品と作る日々が続きました。 いくつか…

酒粕チーズをかけたキャセロール

O 酒粕大好きです。 でも、いつも同じようなもの(粕汁)を作っているばっかりなんですけどね。 実は、酒粕で作った甘酒は嫌いです。 酒粕で漬けた漬物も実は好みではない、、、、。 なぜでしょう、酒粕が好きだというのに!? 以前、メウノータの伴さんのレ…

ハートのポテト・リーク・スープ

ジャガイモもリークも、どちらかといえば秋の味覚なのですが、先日リークの割といいのが出ていたので買ってきました。 ナスなんていう、本来ならこの時期食べられないようなものも手に入るご時世(しかも好きなのでやっぱりつい買ってしまいます)ですが、な…

ナスが旨い、ヴィーガン・シェパーズ・パイ

シェパーズ・パイというのは、もともと肉が中心のキャセロールなので、ここで紹介するようなものを「ヴィーガン・シェパーズ・パイ」と言ってしまうと肉好きでシェパーズ・パイ好きな方々にお叱りを受けそうですが。 カナダでシェパーズ・パイと言われるもの…

冷蔵庫にあるもので、チャプチェもどき

いや、チャプチェに使う麺を使っているだけで、本当にもどきになりきれているかどうかはちょっと不安ですが。 うちは、基本的に週に一度食料品の買い出しに行くのですが、先週末はオンタリオへ遠征していたので、買い出しはなし。 あるものでなんとかできる…

もっと頂戴、Come again!ケーキ

またおいでじゃなくてもっとちょうだい・ケーキ クリスマスに焼いたフルーツケーキ、Yorkshire Come Again Cake のオリジナルのレシピはどこで見つけたんだったっけ、とネット上で色々と探してみましたが、どうもはっきりとしたことがわからず。 前にもそん…

卵の香りのヴィーガン・スクランブル

週末の朝食は、トーストにベイクド・ビーンズ、ホームフライ(フレンチフライのように油たっぷりで揚げるのではなくて油少なめで揚げ焼きにしたもの)ヴィーガンになる前はこれに目玉焼きまたはオムレツ、という具合でした。 ヴィーガンになってからは、Socc…

ターキー・ハムもどき(セイタンレシピ)作りました。

お昼ご飯にサンドイッチ。 夫は、ハムとかチーズとかをパンに挟んでサンドイッチ、というのが一番簡単で馴染みがあるのです。ハムがなければチーズだけ、そんなのでも平気なのです。 でもハムは、肉を食べる人たちだって健康を気にする人たちは避けるように…

冷蔵庫の生地で、bouleを焼いて見た。

先日仕込んで冷蔵庫に寝かしてあった Artisan Bread in Five Minutes a Day のレシピで作った生地。 こないだはピザにしましたが、昨日の晩、やっと基本のパンを焼きました。 Bouleというのはフランス語でボール(球)のこと。フランス語でパン屋さんはBoula…

帰宅後に作れる!ヴィーガン・ピッツァ

先日仕込んでおいた、毎日5分でアーティザン・ブレッドが食べられる生地を使って、昨日はピッツアで夕ご飯でした。 仕事から帰って、ホッとしてまずビールを一本飲みながら、材料をテーブルの上に並べ始めたのが、6時。 ピッツァ・ソース用にトマト・ペー…

試作!Artisan Bread in Five Minutes a Day

近所にある市の図書館で、Artisan Bread in FIve Minutes a Day (Jeff Hertzberg & Zoe François) という本を見つけたので、借りてきまして、試作しました。 この本はずいぶん前に出ていて、聞いたことはありましたが、なんというか、「アーティザン・ブレ…

大好評・スクワッシュ・スープ

以前に作ったジェイミー・オリヴァー氏のレシピのロースト・スクワッシュの残り物を職場に持っていって昼ごはんに食べていたら、皆さんヤイヤイと「あら、スクワッシュ食べてる」「おお、スクワッシュだ」とスクワッシュのレシピの話で盛り上がりまして、 「…

ブラック・アイド・ピーズの南部風

ブラック・アイド・ピーズは、うちではそれほど良く食べる方ではないというか、自分で乾燥豆から調理をしたのはこれが初めてかもしれません。 北米ではアメリカ南部の方でよく食べられているような、そんな豆です。 割と小さめなので、乾燥豆を一晩水で戻す…

手作りテンペに再挑戦しています。追記、追記2あり。

テンペといえば、ヴィーガンやヴェジタリアンにとっては肉の代用品アイテムの一つです。元々はインドネシアで昔から食べられている食品ですよね。 うちの地元では、テンペ製造会社が市内にありまして、そこの製品を健康食品店などで買うことができるのですが…

ケールのスープ、ポルトガル風

庭の畑で栽培していたケールを撤収しました。 ケール、日本語でもケールかなと思ってましたが、コメントでご質問いただきましたので、とりあえず写真を。ケールといえば、こういうのが店頭に並んでいます。写真はこちらのサイトからお借りしました。All Hail…

鍋感覚で冬のスープ

今日も冷えますね。 昨日はおとといの夕食の残り物を温めなおして楽しましたが、今夜は何も作り置きがありません。何を作ろうか。。。 二週間ほど前に安く出ていたポロネギを掃除して地下室の冷蔵庫に入れてあったのがありますので、スープにしましょうか。 …

溜まった昆布を佃煮に

昆布だしをとっただしガラの昆布は、どんどん溜まるのでいつも困っています。 昆布の煮物は好きなので、煮物を作るときに入れたりもしますが、それでもたまっていきます。 実は、ヴィーガンになる前の私の和食大好物は、魚の切り身を昆布でクルクル巻いてじ…

ジェイミー・オリヴァーのベイクド・スクワッシュ 

正確にいうと、オリヴァー氏のレシピをヒントに。 いや、そのまま作ろうと思ったんですが、家にない材料を適当に入れ替えたり、スクワッシュの重さ自体がかなり違っていたので、詰め物の比率もちょっと変えて見たり、そんなことやってるうちにかなり自己流に…

良い種パンと安心のサワードー・ブレッド

粉と水と塩だけの、サワードー・ブレッド。簡単だけど奥が深い。グルテンフリーなんて考えられません。 最近ちょっと仕事が立て込んでいて、パンを焼くスケジュールが滞りがちでした。 そうすると食べるパンが底をついてしまうので、焦ります。 うちの近所に…

高野豆腐でヴィーガン・スパゲティ・ボロネーズ

パスタってイタリア料理の枠を超えて全世界の皆さんにいいように改変されてそれぞれに楽しまれている代表的な料理ですよね。 ボロネーズソース(肉入り)をヴィーガナイズするのも、そんな懐の深い?パスタだからこそやりやすいというものです。 ありとあら…

残り野菜でにゅうめん

一日中雨で買い物に行きたくない休みの日の昼食に作ったにゅうめんが、冷蔵庫の残り物で適当にやったのに割と美味しかったのでメモ。。。 残り野菜のにゅうめん 材料 オーガニック麺シリーズのそうめん(3把入って5ドルくらいのやつです。日本のそうめんじ…

新鮮なビーツでサラダ

今年の家庭菜園は、例年なら豊作で食べきれないほど収穫があるトマトが、なぜか不作だったり、去年はガンガン育っていたスイスチャードが不作だったり、ちょっと残念な結果に終わりました。 今年出来が良かったのは、 インゲン豆 きゅうり ケール(まだ健在…

小ぶりなリンゴでタルト・タタン

土曜日に収穫したリンゴを使って、日曜にタルトタタンを焼きました。 去年はリスのおかげで3つしか収穫できませんでしたから、何も焼かず。 ヴィーガンになってから、パイクラストは職場で、ノン・ヴィーガンの皆様のためにバターで普通に作っている以外は…

Red Hot Chili Pepper Soup

レシピに従って料理する、、ということが実は苦手です。 家電を買っても、説明書を読まずに始動して適当に使い始めるクチ、、です。が、取扱説明書は箱の中に放り込んでしまいますが、料理のレシピ本は大好きです。 写真がついていようと付いていまいと。 綺…

今日の献立とブリュッセル・スプラウツ

毎日の夕ご飯、献立がなかなか思いつかないことってありますよね。 私の母も昔よく、「今日は何が食べたい?」なんて聞いてくることがあって、そんなことを急に聞かれても思いつかないから「何でもいいよ〜」と返事すると、「何でもいい、が一番困る〜、何か…

パエヤと言っていいのか、ピラフと言ったほうがいいのか、炊き込み御飯

先日、職場で急遽当番の日じゃないのに昼ごはんの調理をすることになりまして、 本来の自分の当番の日じゃないので気を緩めていたのに、そうですか、急ですね、じゃあ頑張りましょうか、と急遽決めたのが、パエヤ。 やっぱり米の扱いは慣れてるので楽なので…

ヴィーガン・チョコレート・チョコチップ・クッキー

チョコチップクッキー! そんな甘ったるいものは食べないんですのよ、私。 甘いもの好きじゃないんで。 本当です。 でも、夫は好きなんですよね、ありがちですけども。 まだ結婚する前とか、たまにクッキーとかデザートにケーキとかパイとか、焼いてましたっ…

じっくり味の染み込んだポテサラ

北米のヴェジタリアン・レストランで有名な、Moosewood Restaurantというのがあります。 このレストランの名前がついたクックブックも何冊か出ていますが、このお店の創始者の一人であり、クックブックの著者でもあるMollie Katzenさんが書かれたThe Enchant…

ヴィーガン・チョコレートケーキ

普段は甘いものを好まない自分の嗜好に忠実に、デザートは作りません。 北米育ちの夫は「きゃすぴえは食べ物に固執してる割には夕食後のデザートという存在を無視してるよね」とちょっと物足りない様子でもありますが、北米の人は毎晩食後にデザート食べたい…

全粒粉からセイタンを作りました

あえて写真に撮るほどのこともない、普通の「肉」野菜炒め、、独身者のやっつけメニューみたいなものですが。しかも食べる直前なので写真もテキトウです。 ヴィーガンの「肉もどき」食品、マクロビの「セイタン」は、上手に作るとまさに肉みたい!とよく言わ…

夏も便利にスロークッカーで料理

スロークッカーといえば、持ってるけど使わなくなって棚の奥に押し込まれて埃がつもってる家電の代表格とも言えるのではないでしょうか、、、 うちにも一つあります。 うちの場合は、冬場は結構しょっちゅう使うので、埃がたまる暇はないのですが、今まで夏…

美味しいコーンの選び方・茹で方

以前、美味しいコーンは黄色が濃いものではなくて、薄い色のもの、と書いたことがありました。 つい最近私の職場にいらっしゃるようになった方が、西部の農家出身ということで、農作物の話からコーンの話に。 スーパーなんかで、コーンの皮をむいた状態で発…

未熟なジャック・フルーツでプルド・ポーク

若くて青二才なジャック、探し求めて何ヶ月、、、やっと見つけましたよ。なんと、うちの近所のいつもの中華スーパーで。しかも、以前頑張って探しても見つからなかった(店員のお兄さんに聞いても、そんなものはないと言われたし)のでしたが。 缶詰を探し回…

モロッコ風か否か、知る由もなし 

移民が多い街に住んでいるので、職場にもいろんな国からやってきた(もしくは親や先祖の代にやってきた)人たちがたくさんいらっしゃいます。 そういう私も日本出身。 で、たまに「いろんな文化を背景にした人たちが共存していることを楽しもう」的なイヴェ…

揚げ物(ファラフェル)に合うさっぱり!ファトゥーシュ・サラダ

ファラフェルは最近は日本でも聞くようになっているようですが、中近東のチックピー・コロッケです。いや、コロッケみたいに衣の層と芋の層とに分かれているわけではありませんけど。 初めて食べた時には、「こんなに安いのにこんなにお腹いっぱいになり、し…