読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

セイタン・ソイミートで夕ご飯

f:id:casse-pied:20170123120844j:plain

上に乗っけたコリアンダーで全体像がすっかりわけのわからない状態になっていますね。

 

先日購入したセイタン、じっくり見て見たら、大豆のタンパクも入っているようで、まあいわゆるソイ・ミートでもあるようで、セイタン&ソイミートということで良いのでしょうか。

 

製造元は台湾の会社で、パッケージは素っ気ないものでしたので、戻し方なども一切載っておらず、なテキトーにやってみたので、戻しすぎだったり洗いすぎだったりするかもしれませんが、出来上がりは美味しくなりました。

 

肝心の肉もどきがあんまりはっきり写っていないので、フォークで引っ張り出してアップで撮影。

f:id:casse-pied:20170123121220j:plain

 

見た目は豚肉の薄切りっぽいですね。食べた感じも、肉の薄切りっぽい。

タンパク質は全体量の50%だそうです。

 

作ったのは、ココナッツミルクを入れたタイっぽいカレー(あくまで、ぽい、です。)

 

肉もどき入りのココナッツカレー

 

肉もどき(好きなだけ)  

エリンギ 2つ

赤いパプリカ 大きめひとつ

玉ねぎ 小さめ一つ

にんにく4〜5かけ

青ネギの小口切り 2〜3本分

チャイニーズ・ブロッコリ 10本くらい

コリアンダー(生のもの)一把

ココナッツミルク 500ml

好みのスパイスや調味料 

レモンもしくはライム

 

  1. チャイニーズブロッコリは茹でて絞って適当な大きさに切る
  2. 肉もどきは茹で、水洗いしておく
  3. 大きめの中華鍋で敵というに切ったにんにく、玉ねぎ、パプリカ、エリンギ、肉もどきの順で炒めていき、青ネギの小口切りと茎の部分のコリアンダーを入れ、ココナッツミルクをそそぎいれ、火を弱めて全体に温める
  4. 好みでスパイスや調味料を入れ、別に用意しておいたヌードルなりご飯なりの上からかけて、上にコリアンダーの葉っぱの部分をたっぷりかけ、レモンかライムを絞って食べる

 

既製品の肉もどきは普段常備していないので、いつもならとうふとかテンペまたはセイタンで作っていたのですが、戻してすぐに使える乾物は在庫しておけるから便利ですね。

 

夫も「今までの肉もどきの中で一番肉みたい」と言っていました。

比較対象が私の手作りのセイタンですから、当然と言えば当然ですけどね。笑

 

 


ヴィーガン ブログランキングへ