読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

酒粕チーズをかけたキャセロール

f:id:casse-pied:20170216102044j:plainO

酒粕大好きです。

でも、いつも同じようなもの(粕汁)を作っているばっかりなんですけどね。

実は、酒粕で作った甘酒は嫌いです。

酒粕で漬けた漬物も実は好みではない、、、、。

 

なぜでしょう、酒粕が好きだというのに!?

 

以前、メウノータの伴さんのレシピで、酒粕を使ったパルミジャーノ風、というのを作ったことがあります。あれはあれでなかなか美味しいなと思いましたが、あれは板状にして焼くので、使うときにいちいち粉々にしなきゃいけないし、なんとなく一度作っただけであとは忘れてしまっていました。

レシピに非はないんですよ、単に私の料理サイクルに馴染まなかっただけです。

 


今回は、ネットでささっと検索して適当に見つけたレシピで、思いつきの自己流レシピと両刀使いで、酒粕チーズを作ってみました。

寺田本家 酒粕料理

このレシピを参考に(レシピには酒粕70グラムとありましたが、私は買い込んだ酒粕を100グラムごとにラップして冷凍しているので、レシピより多め)オーブンでカリッと焼き上げ、いい香りです。

 

キャセロールは、パスタと、好みの野菜数種、いつものやつです。

今日はトマトベースではなくて、クリームソースで。

クリームソースは、firmの豆腐250グラムほど、豆乳、カシュウナッツ100グラムを10分ほど茹でたもの、塩少々、ナツメグ、などをフードプロセッサーでががっとクリーム状にしたものです。

ベースの野菜は、ニンニク、玉ねぎ、セロリ、今日は冷凍のモロヘイヤの細切りも入れました。

その緑色のどろっとしたところにクリームソースを入れ、オーブンでローストした米ナスを入れ、茹でたショートパスタを入れ、全部よく絡まるように混ぜ、上にパン粉、そして酒粕チーズをふりかけてオーブンでカリッとするまで焼きましたよ。

 

とても簡単。

今日はナスを入れましたけれど、ナスはやっぱりトマトソースの方が合うかなあ。

カブなどの根菜類でやった方が美味しいかもしれませんね。

次回はそれでやってみよう。

 

 


ヴィーガン ブログランキングへ