読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

エア・カナダの特別食

旅・移動

f:id:casse-pied:20170220084127j:plain

今回の旅では、エア・カナダを利用することにしました。

できれば日本の航空会社を利用して、日本経済を支援したいとも思いますが、一般庶民にはチケットの価格が比較的財布に優しいところがやっぱり魅力的に感じられ。

 

あと、アメリカ経由は極力避けたかったんですよね、面倒だから。

あの45代目がムスリム諸国の国民に関してとんでもなく迷惑な命令を下すことなんかはもちろん事前に予測していませんでしたが、そんなことがなくったってアメリカへの出入りは時間がかかるし嫌な思いをすることも多いですから。

 

というわけで、エア・カナダの特別食です。

私はヴィーガンですから、Strict Vegetarian を希望しました。Veganのことを Strict vegetarianっていうの、あんまり好きじゃないんですけどね、まあここでゴネても仕方ない。

乳製品や卵を食べる人は、Vegetarian Lacto-Ovo です。

 

実は私が座った席のお隣のカップルは二人ともそれとは別の特別食を召し上がっていたようで、なんなんだろう、とても気になるなあ、と思っていたのですが、実際なんだったのかは解らずじまい。

席に着席した直後、一般食がチキンのなんやらとビーフのなんやら、というのをメニューを見て知った彼女が「私やっぱりこのチキンを食べたいなあ」と言っているのを小耳に挟んだんですよね。

その時は彼女も特別食の人とは知らなかったので、ああこの人はFAが食事を配りに来る前に何がいいかすでに決めてるんだなあ、と。

 

食事の時間がやってきて、実際に特別食を受け取った時に彼女、「これじゃなくて、チキンに変えてもらえますか?」と聞いていました。

 

事前に申し込んだ特別食ですからね、当日「やっぱりチキンがいいな」って言われても向こうは余分なんかないんじゃない?と思いましたらやっぱりFAが「もうこれで手配しちゃってるので、余分はありません」と却下してました。

でも、特別食を要求しつつも、その時のチキン食でもオッケーだったというのは、どういう特別食だったのでしょうか。

 

ヴェジタリアンじゃなかったことは明白ですね。

 

では、特別食というのは、他には何があるのでしょう?

というわけで、自分の食事についていた札をもらってきましたよ。裏側にはあらゆる特別食がずらずらと書き連ねてあります。たくさんありますよ〜。

 

エア・カナダの特別食リスト

丸ごと書き写すとこんな感じです。

 

Asian Vegetarian

Baby

Bland

Children

Diabetic

Fruit Plate

Gluten intolerant

Hindu

Kosher*

Low Calorie

Low Fat

Low Salt

Muslim

Non Lactose

Vegetarian Oriental

Strict Vegetarian

Vegetarian Lacto-Ovo

 

 *Kosher mealのみフライトの24時間前までに申し込んでおく必要があるようです。詳しいことはエア・カナダにお問い合わせあれ。

 

日本での外食では「ヴィーガンなんですけど」とあたかも世界中で一番面倒くさそうな要求をしてるような気分になりましたけど、このリストを見て見たら、そうですよね、世間には宗教上の食事制限のある人もあれば健康上の食事制限がある人もいて、子連れもいて、食べるっていう場面ではいろんな事情が入り混じるのです。

お店の人に理解していただいて、ちょっと融通をきかせてもらいたい人たち、たくさんいますよね。

 

さて、リストに話を戻しまして、、、

 

Asian Vegetarian と Oriental Vegetarian との違いってなんだろう?ととても気になります。単なる重複した情報だったりしそうですけどね。

Blandって、英語では味が薄すぎたりしてナンジャコリャ、っていう場合によく使う形容詞ですけれど、そんな食事を求めるって一体??とこれも謎なんですが、フランス語の表示では semi-liquide(液体に近い状態)て書いてありますから、消化に良いってことなんでしょうかねえ?不思議ですね。

 

お隣の彼女が要求していた特別食は、きっとGluten intolerant もしくは Non Lactoseか何かだったのかもしれませんね。

きっとそのフライトの普通食はテリヤキチキン(チーズやクリームが入ってない)とご飯(グルテンフリー)だったんですよ。 多分、、、。知りませんけど。笑

 

さて私の場合は、肉も魚も乳製品も卵も、動物性のソースや出汁も入っていなければなんでもいいので、 Asian Vegetarian もしくは Oriental Vegetarianが何なのかがわかれば、それでもいいかも。面白そう。

 

 

エア・カナダの特別食のセレクションはサイトでも見られますが、それぞれの食がどう言ったものなのかは一切説明されていません。

それを要求する人はそれくらいわかってろ、ってことなのかもしれませんけどね。

でも、私が精進料理や台湾素食しか食べられない人(玉ねぎや生姜がダメ)だった場合、私は一体OrientalなのかAsianなのか、どっちなのかしら。

 

興味のある方はエア・カナダに電話してお問い合わせください。

 

いずれにせよ、機内食には文句を言う人もたくさんいますし(まあ気持ちはわかりますが)あんなものは食べやしないと言う人も結構いますが(私は食事を飛ばすことだけはできません、お腹が減ってはたまりませんから)、地球温暖化の進む現代で、空の上を飛びながら食事をさせていただけると言うのはありがたいことです。

 

そのうち、飛行機での移動なんかできなくなる時代がやってきたって不思議ではないですからね。

 

 

 

 


ヴィーガン ブログランキングへ