読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

旅の楽しみ・旅の思い出

先日のオンタリオの義母訪問で、初めての街に足を踏み入れましたが、どこも似たような南オンタリオの田舎町でさえ、初めての街だと新鮮な気分と発見する楽しみを感じます。

私は知らない街へ行くのが結構好きです。好きな街を再訪するのも好きですが、初めて足を踏み入れる場所ってワクワクしますね。

 

先日、ネットサーフィンしていたら、現在利用しているインターネットのプロバイダーから「利用者の満足度についての調査にご協力ください」というメッセージウィンドウが開きました。

「閉じる」ボタンがなかったので、じゃあアンケートに「こういう邪魔なことしないで」って書こう、と思いつつご協力開始。

質問はほんの3つ4つでお終いになり、最後に「協力してくれた顧客の中から、特に選ばれたあなたにだけ、下記のプレゼントを差し上げますので、好きなものを選択してください」と。笑

二種類あったその「プレゼント」は、一つがiPhone 7一台とクルーズの旅2日間(短いクルーズですね)

もう一つは、アマゾン商品券500ドル分と、リゾート旅行券二枚(旅行券ってどういう仕組みなのかわかりませんが)

 

こういうのって、いわゆるフィッシングというやつで、物欲に駆られて個人情報を入力させて、、、っていう展開でしょうから、その画面を見た時点でブラウザ自体を閉じました。

 

私個人は、クルーズの旅もiPhoneも欲しくないし、アマゾンの商品券はあっても邪魔じゃないですが、まあどっちみち絵に描いた餅ですからねえ。

 

でもiPhoneとか旅行券とかってやっぱり万人ウケする賞品なんでしょうね。

 

それにしてもクルーズ、、、

 

ついその前日に、カリブ海方面でクルーズの旅7日間を楽しんできた友人とお話ししたところだったんです。

旅程を詳しく聞けば聞くほど、クルーズってやっぱり私は興味ないわ、と。

 

旅の楽しみは色々ありますけれども、自分の中で重要なのは、やっぱりその土地の地元の人たちの暮らしぶりを垣間見たり、その土地の食べ物を体験することなど。

もちろん、その土地の自然を満喫するというのもあります。

 
 

食べること以外での旅の楽しみは、地元の人たちとのちょっとした交流です。

私も夫も、旅先のカフェやバーなどでゆったりのんびり座って、隣のテーブルの会話を聞いたりだとか、バーテンダーの人と世間話したりだとか、そういうのが好きです。

あとは、市バスなどを使って移動することで、街の様子を車窓から眺めたり、その街のバスシステムを理解するために四苦八苦しながら、助けてくれる地元の人たちとちょっとお話ししたり、、、というのが楽しいんですよね。

 

最近はなんでも携帯で、アプリを使ってナビゲートして、、っていうのが簡単かもしれませんけれど、外国で地図を広げてあれあれ、あっちかな、こっちかな、ってやってると、必ず助けてくれる地元の人たちがいます。

 

助けてもらいながら、どこに行きたいのか、ああ、あそこは素晴らしいよね、楽しんでね、などと簡潔な会話をしたり、はたまた、ついでにもうちょっと突っ込んだ話ができることもあるし。

 

旅先で出会う人たちと、友達になりたいなんていう考えは全くありません。

所詮は赤の他人同士ですからね。

でも、他人同士で気軽に楽しく話せることって結構たくさんあります。

 

その土地の政治や歴史について質問すれば、その人なりの見解を解説してくれたり、逆にこちらが住んでいる国の政治や暮らしぶりについて聞かれたり。

 

バーなどだと、たまにちょっと酒が回って饒舌になった人好きなおじさんに引っかかってしまったりもしますが、それもまあ、面白いかな。

 

若い女性の一人旅だったらちょっと注意するべき、という場面もありえますけれど。

無防備な状態で一人で未知の空間にあまり深入りしないように気をつけるというのは大前提です。

「明日はどこへ行く予定なんだ、じゃあそこで待ち合わせしよう、案内してあげる」的なことを言い出す人とは関わらないようにしましょう。

 

他人と会話をしないまでも、バーやレストラン、バスや地下鉄などで、隣の席で繰り広げられてる会話に聞き耳をたてるのも結構楽しいです。

逆に、英語圏じゃない街で夫と会話してると、英語を理解できる人々(ヨーロッパの小さな国なんかだとほぼ全員が我々の会話を理解してます)が急に会話に入ってきたり我々が「どうなんだろうねえ」と言ってることの答えを教えてくれたりするので「あ、聞かれてたんだね」と苦笑いします。

 

日本では英語で話ししてるところへその辺にいた日本人が入ってきた、という経験は今のところありませんが、日本の人は控えめなので、英語がわかっていても他人の話には口出ししない、という人が多いんだろうと思います。

 

さて、旅の楽しみの「食べる」ことですけれど、これはヴィーガンになると、いわゆる伝統的なその土地の食べ物を全て楽しむことは出来なくなります。

いや、物によっては楽しめるんだろうけれど、観光客向けに紹介されているのはほぼ、肉、シーフード、など動物性食品が一押しされているものですからね。

そういうのじゃない、プラントベースの伝統的な食べ物ももっと紹介されていれば楽しみが増えます。

ここら辺は、伝統+近年の変化ということで、どんどん世界中でヴィーガン・ダイエットが広まって行ってくれることを期待していますね。

だって、やっぱりヴィーガン・ラーメンを食べさせる美味しい店がたくさんあるのは日本でしょうし、その土地の人の工夫が反映されますからね。

 

伝統的に肉食が重要だったけれど、ヴィーガンがかなり普及して定着していると言われている各国の都市をいつか訪問するのが楽しみです。

ありきたりですが、あとは時間とお金の問題ですね。

 

 


ヴィーガン ブログランキングへ