食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

寿司屋でヴィーガン、できました。

ちょっと間が空いてしまいました。

日本滞在が盛り上がったところで、風邪をひいて寝込んでおりました。

いやー、これは歳のせいか、張り切りすぎか。

 

風邪を引く前に書いた記事が一つありますので、せっかくですのでアップロードしておきたいと思います。

 

 

東京で、寿司屋でヴィーガン体験

家族と一緒の移動中に蕎麦屋で塩で蕎麦食べたりして頑張って日本を楽しんでるきゃすぴえです。

 

夫は典型的な北米人ですが、納豆以外は内臓でも脂身でも、日本の珍味に果敢に取り組んで色んな日本の食べ物を楽しむ人です。

 

日本に連れてきて、寿司を食べないのはやはり残念かも。

 

ということで、寿司屋行ってきました。

今は移動してしまって場外市場しか残っていない築地市場で。笑

場外だけだと魚介中心のアメ横か通りの終点に寺のない浅草寺の仲見世通か、てな感じでしたけれども。

 

f:id:casse-pied:20190118074958j:plain

入りませんでしたけど、毎年初セリで最高額でマグロを競り落とす社長さん経営の店があちこちに。この方の等身大?人形と写真撮ってる人もちらほら。


 

 

鮮度の良い魚介類を安くたっぷり提供してるよ!というので売り込もうとしている寿司屋に、河童巻きと納豆巻きくらいしか食べられない私が入っても大丈夫かなと思いましたが。

 

案外いけるもんですね。

入ったお店には、カッパ、納豆以外にもヴェジ巻きは色々と。

青海苔の軍艦巻きなんてものも。

 

青海苔があることに気がついたのは、夫がもうお腹いっぱいだからこれで、と箸を置いた後だったので、単価の高い魚の注文が飛び交う中、これだけで板さんにお願いするのも気が引けて注文しそびれ。

次の時は真っ先に注文してみたいと思います。

 

それにしても、、

鮮度のいい魚介類ばかりとはいえ、あれだけ魚介類の店や食べ物屋が集中していると、さすがに一帯は魚臭かったー。笑

近所の波除稲荷神社には魚供養?の碑なんかもありましたが、世界中から魚がジャンジャン集まり消費されていく様子はやっぱりちょっと考えさせられますね。

 

f:id:casse-pied:20190118080145j:plain

波除稲荷神社。まん丸の縄の中を3回通ってお参り。

 

旅行中に寝込むのは悔しいし同行者が気の毒です。余裕のある日程を組まねば、、、。


ヴィーガンランキング

銀座で九州じゃんがらラーメン・ヴィーガン外食2019 その3

ヴィーガン外食、第2弾はラーメン。

場所は銀座。

 

この界隈なら東京駅などに有名なヴィーガンのラーメン屋さんがあるので、そちらに入る事になるだろうと思っていましたが、飯時前後の行動予定のため、便利なこちらのお店へ。

 

九州じゃんがらラーメンというお店。

ラーメンは、ヴィーガンメニューが一つあり、他は豚骨で肉好きな同行者も喜ぶ便利な展開です。

 

私が頼んだのはヴィーガンラーメン。

 

f:id:casse-pied:20190108044353j:plain

ヴィーガンラーメン。チャーシューの代わりに湯葉

お店の雰囲気もお店の方の接客も出てくるタイミングも全てよくある感じのラーメン屋さんという感じで、久々のラーメン屋さん、ワクワクしました。

出てきたラーメンは、ラーメンらしく塩分が気になる濃い味のもので、麺は美味しく、汁は、自分の好みとはちょっと違う感じでしたが、ここら辺は好みの問題ですね。

残念だったのは、湯葉の味付けが、なんだか甘くって、汁に合わない感じでした。

まあ全体的にこれは単なる個人の好みの違いですけれど。

この場所にあってくれてありがとう、とやっぱり嬉しいお店でした。

 

ヴィーガン専門のお店ももちろん嬉しいんですが、肉食の人と一緒に入れるって、やっぱりありがたいです。

 

f:id:casse-pied:20190108045312j:plain

メニュー。隣で英語メニュー見てる夫のページも画面にはいってますね。
 
歌舞伎と外国人観光客

銀座にいたのは、歌舞伎を観に行ったため。

東京に住んでいるときは、券を買わずに当日行って、四回席で五百円とか払ってお話を一つだけ見たりしていましたが、以前夫とそれをあてにしていったら長い長い行列で、諦めて帰ったことがあるので、今回は夜の部の券をネットで購入していざ参上。

 

以前、イギリス人の友人を連れていった折には、イヤホンガイドなるものがあったな、と覚えていたので、当日、イヤホンガイドのレンタルのところで、一つは英語、一つは日本語でください、と言いましたら、なななんと(歌舞伎風に読んでくだされ) 現在英語での音声のガイドはやっておらず、字幕ガイドのみになりますと!

 

イヤーな予感がしましたが、やっぱり、字幕ガイド、文字を追っている間に舞台で俳優が見えを切ってググッとやっていたり、なにかと見逃す事になり、大変不便だったそうです。

初めて見る異国の、聞いたこともないお話を、字幕で時代背景だの侍の作法だのの解説を読んで、その上セリフの意味合いなどまで読んで、さてと舞台を眺めたら、見どころの所作は全て終わってて、、、と、残念です。

これを見て、よくわかんないや、まあいいや、と思われてもしかたないです。

 

幕間にトイレや売店周辺などうろうろして見ましたら、夫以外にも見るからに日本人じゃない人たちがほんの一握りいらっしゃいましたし、中にはアジア系でぱっと見ではわからない方もおいでかと。

でも、わざわざ音声ガイドを製作する経費をかけるほどじゃない、、ということなんですかねえ。

 

これにはがっかりでしたよ。

笑える場面でも笑っていない夫を横目に、歌舞伎のジョークを瞬時に日本人以外にも笑えるものにできる方も少ないだろうし、経費ばっかりかけてもいられないんだろうし、だいたい空席が結構目立つお正月の公演だったし、日本の伝統芸能、難しいのかなあ、と、複雑な思いでした。

 

一方、年配でお洒落してて如何にも通!という風貌のおばさま方が、帰り際にゾロゾロとイヤホンガイドを返却してデポジットの千円札をひらつかせてご退場なさってるのを見るに、、、やっぱり耳で聴けるガイドが良いんじゃん、と。

 

面白い伝統芸能ですから、上手に生き残って欲しいと思います。


ヴィーガンランキング

美味しい!嬉しい!日本でヴィーガン外食・その2

f:id:casse-pied:20190108041156j:plain

セカイカフェのヴィーガンミール、メニューは二種類ありました。名前は失念


やっとヴィーガンのお店へやってきましたよ、夫と二人で。

押上にある、セカイカフェ。

 

ヴィーガンやヴェジタリアン、宗教上の理由で食事制限のある方も、みんなで一緒にご飯を食べられる場を提供してくれるんだそうで、特にムスリムの方向けにハラルを強調していました。

以前に比べると、日本にもいろんな国の人たちが住んでいらっしゃるようですね。

 

そんなわけで、夫は肉を食べる、と言って肉入りのハラルミールを。

私は当然ヴィーガンミールを。

 

サイトは英語と日本語。メニューも載ってます。

sekai-cafe.com

 

美味しうございました。

ちょっと量は少な目かと感じましたが、日本の少食なみなさんにはこれで十分なのでしょう。いやいや、それより、存在していてくれてありがとう、と言いたい。

お味は大変美味しゅうございました。

 

付け合わせ?にラタトゥイユがついてるんですが、これも美味しかった。

野菜だけで旨味爆発の良いメニューですよね。

 

そして、大豆ミートの唐揚げが、鶏肉っぽ過ぎて一瞬ひるんだほどですが、店内あちこちにヴィーガン、とありますし、ヴィーガンで材料もレシピも公開してますよという張り紙もあったので、ここは信じましょうと。笑

本当に鶏肉だったらお腹下してますからね、、、(未だに信じられない)

いえいえ、偽肉食べて本物みたい、っていう自分が信じられないんですよ。笑

 

オススメです。押上の駅のすぐそばです。

f:id:casse-pied:20190108042022j:plain

押上と、浅草にもあるようです。

押上と言えばスカイツリーですが、入場料聞いてビックリ。

さして興味のない私、入場料が千円でも入る気はありませんが、あんな金額でも行列して入る人が居るってこと自体信じられないです。

世間にはお金持ちが沢山いらっしゃるのか。

 

夫はしきりに、あれがCNタワーより高いなんて信じられないと、カナダ人らしい発言を。笑 (CNタワーはトロントにあるカナダで一番高いタワーです。)

 

HAPPY COWによると、ヴィーガンのお店が複数ある土地だったのと、乗り継ぎでちょうど通るので寄ったのですが、押上、下町っぽいのかと思ったらそういう風でもなくて、土地勘の無い身にはなんて事のない都内の小さな街でした。

 

でもまた通るかもしれないですね、、ヴィーガンメシ食べに。

セカイカフェの場所も把握したし。笑

 

 

きっと 北米に住んでるから食事の量が多いのに慣れ過ぎてるんでしょうね。上品な量に慣れなきゃ。笑


ヴィーガン ブログランキングへ

日本でヴィーガン外食2019年始、その1

家族と温泉に行きました。

行った先は箱根。

 

f:id:casse-pied:20190107020137j:plain

お正月は過ぎましたが、新年らしく富士山をパチリ

箱根の山は天下のケン、、山道ぐるぐる、何処へ行くのも結構大変。

お正月休みの人出か、週末の人出か、何処へ行っても物凄い渋滞。

細くてカーブの多い山道(里も)での渋滞は運転する人にもかなりなストレスでしょう。

 

今回は宿に前もってヴィーガン対応が可能か問い合わせ、食べられない食品のリストも送り、お宿の方からは、できる範囲内で対応しますと。

以前訪問した別の温泉地の宿が素晴らしかったので、つい期待してしまいましたが、今回のお宿は、当日調理場で調理しているわけではなく、何処かで仕込まれたものを調理場で盛り付けて出していただけな様子で、「ごぼうの天ぷらです」と出された時には衣に何が入っていますか、と聞いても、それを知っている人はその場にいらっしゃらなかったようでした。

経費削減と効率アップのためにそうなさってるんでしょうし、衣の中身を聞く人なんて余りいないのでしょうから、まあそんなものかと。

野菜と豆腐だけの鍋でも美味しくいただけましたし、鍋の出汁は昆布だけです、と仰ってくださったりして、気持ちよく過ごすことができました。

ヴィーガン対応大丈夫ですよ、と世のヴィーガン諸氏と共有出来るかな、と思いましたが、ちょっと無理な感じでした。

f:id:casse-pied:20190107020638j:plain

朝食。これに湯豆腐がついてきます。あと味噌汁も。湯豆腐のつけ汁と味噌汁は鰹出汁なので避けるのみ。

 

お昼は箱根の集落に2軒ほどヴィーガン対応できるらしいお店を見つけてありましたが、毎回丁度昼時にその辺りに居らず、車で一時間ほど離れた場所でお腹減ったねえ、と言っている家族を引き連れて、渋滞していたり、入店のために行列しなきゃいけなかったりするかもしれない店まで行く気にもなれず、手近な店で手を打ちました。

なのでお昼は厳密にはヴィーガンは叶わず。

食べたのは、ある日は野菜ぶっかけうどんの、鶉の卵抜き。

出てきたものには、中身を聞いた時には聞いていなかったちくわの天ぷらがどーんと乗っていましたが、それは同席した家族にあげました。

うどんやそばのお汁は鰹出汁が使われないことはないんじゃないかというくらい一般的ですので、今回も諦めています。

お蕎麦やさんでは塩でざるそばをいただいたりもしました。

蕎麦が美味しければそれが一番かも。

 

あと、小松菜と油揚げの辛子和え という一品をとったら、鰹節がまぶしてあって、今後は一品料理なども鰹節チェックしなきゃ、と学習。

 

東京や関東に数あるヴィーガンのお店、今回はいくつか挑戦したいのですが、大勢で行動するとやっぱりタイミングによってはなかなか難しいですね。


ヴィーガン ブログランキングへ

新鮮野菜とプラスティック

畑散歩


夫とともに散歩して見つけた農業地帯。

庭の畑で挑戦するも見事に失敗(なめくじだか虫だかに食い尽くされた)リークの記憶が蘇ったのは、立派なネギの畝を見たとき、、、。

f:id:casse-pied:20190103234211j:plain

こうやって苗を植え、そうやって畝を作るんですね。ナルホド。

 畑の作物を農協に卸してるんだろうなあ、と思われる本業っぽい畑もあれば、自分のお家で食べるために作ってるのかな?という感じの畑まで。

共通して言えるのは、皆さん、立派な野菜をお育てになってます。

それにしても、冬でも作物がとれる気候っていいなあ、、、。

 

 

f:id:casse-pied:20190104070320j:plain

新鮮で立派な野菜たち。

無人野菜販売もいくつか。

あんまり立派なので、散歩の途中なのにネギ買っちゃいましたよ。笑

それにしても、こういう無人野菜販売って、ついでに売ってるっていう雰囲気で畑でとったそのままを束ねて売られてるものだと思ってましたが、大根なんてきれいに洗ってありますし、どの野菜もプラスティック包装されてて、スーパーマーケットみたいです。

 

f:id:casse-pied:20190104070655j:plain

刻みネギのプラスティックパックが整列してますが、、、

これだけ並べてるってことはそれだけ需要が見込まれてるってことですが、この辺、住宅街のすぐハズレにはあんな農業地帯なんですけれどね、、、便利さってデカダンスですね。

f:id:casse-pied:20190104071001j:plain

箱入りゆで卵です。むむむ

別の折にはコンビニで箱入りゆで卵なぞ発見。

味付き半熟とありますが、どんな味なのだか、、、。

f:id:casse-pied:20190104071224j:plain

ズラリ

 

出来合いとか既調理、既カット品は北米にもありますが、パッケージ度合いはやっぱり日本は凄いなと(褒めてません)


ヴィーガン ブログランキングへ

長距離移動(長時間)の機内で健康を保つ

明けましておめでとうございます。

今年も健康で実り多い一年になりますように。

 

ホッと一息

夕飯で水炊き。私だけヴィーガン鍋で。

f:id:casse-pied:20190102063913j:plain

食べ進んで暫くして撮った写真、やはり美しくないですが。

新鮮な水菜とモントリオールでは手に入らない日本のキノコ類たっぷり。

魚も肉も入れないので、味が薄すぎるんじゃないかと母がしきりに心配するのですが、心配ご無用です。

 

これなんだろう?

年末は夫を連れて観光、、と言ってもどこも閉まってますので、親の住まいの周辺を散策。

自分が育った町ではないので、夫同様私にとっても冒険ぽい。

細い田んぼ道を進むうち、こんなもの発見。

日本エキスパートの私に夫が「何これ? 何か育ててるの?」

f:id:casse-pied:20190102064454j:plain

農業地帯の片隅にひっそり置かれた古いバスタブの中には、、、謎の物質

 

モントリオールの住宅街にたまに古いバスタブを再利用してマリア様像を祀ってあるお宅があったりしますが、これは何なんでしょう。

f:id:casse-pied:20190102064807j:plain

近づいて見ましょう、、、。

水が若干凍ってますので

植物を育てているとしたら失敗ですよね、、、でも、全体的に茶色いこの物体、、、何か意図されて何かが進行しているような、、、?

 

ご存知の方おいででしょうか?

 


 

腰、首、肘に問題のある中年大柄な私の機内で凝りコリにならない方法

 

今回の帰省では2018年6月から始まったエアカナダのモントリオールー成田の直行便を初めて利用しました。

飛行時間、行きは十四時間。帰りは十二時間。

うーん、考えただけでお尻が痺れそうです。

 

長い時間同じ姿勢でいるのは体に悪いので、日本行きの便の時は、なるべく頻繁に動き回るようにしています。

とはいえ機内でできることってかなり限られてます。

実際にできることは

  • ストレッチ
  • 歩き回る

くらい。

 

おもむろに歩き回るのも億劫になりますので、頻繁にトイレに立ち、座席ートイレ間の往復時にもっとぐるぐる歩き回り、非常口付近のちょっと広い場所で両腕を回したり上体を前後に屈伸するなど、動きの大きいストレッチをやります。

勿論、前後左右に人が居ないかどうかに注意して。笑

 

席では首とか上体のストレッチなどを。

 

これ、地味ですけど頻繁にやっておくと後一時間くらいと言う時の痺れ具合とか、腰痛具合がまるで違います。

頻繁にと言うのは曖昧ですが、起きている間なら一時間に一度は席を立つくらいの勢いです。映画を一本見終わるまでに一度は立つのですよ。笑

 

風邪などをうつされないために、、、

 

同じ空気を清浄機のフィルターで巡回して使っている機内。

風邪の人が何人かいれば、移る可能性も大きいですし、機内は乾燥してるので、水をよく飲むように、と医者に言われました。

国際線ではアルコールをいちいち支払わなくてもいただけるので、つい飲んでしまいますが、普段より悪酔いしやすい状況なので、普段よりもゆっくりと飲むように気をつけます。

あと、何を飲むにせよ、一緒に水を一杯飲むようにしています。

そうすると自然とトイレへ立つ頻度も上がるわけですね。

そこで運動量も増えますので飲酒は必ずしも悪いことではないと、、、笑。

 

こんな私の機内健康法、指定する座席は当然通路側です。

 

時差ボケで体がボロボロっと行きますので、風邪など貰いたくありませんし、出発と到着直前直後はゆったりと過ごしたいもの、、、遠距離で短期訪問で仕事とかだとそうも言ってられませんけどね。

 

現在実家でユッタリだらっと過ごしているのはあくまでもそのせいなんですよ、笑。


ヴィーガン ブログランキングへ

ヴィーガン機内食と、日本の入国審査の不思議

日本到着しましたー。

 

成田エアポートって、やっぱり歩きますね、、、と言うか、エアカナダのゲートが遠いだけなのでしょうか、、、。

成田から乗り換えとかバスに乗り継ぎとか、時間の制限がある場合は走る必要がありそうな。

f:id:casse-pied:20181231035511j:plain

画面を携帯カメラで撮ったので見難いですが、こんなのを見ては、今ここ、、後どれくらいかな、、と。

 

f:id:casse-pied:20181231035712j:plain

最初の機内食。

モントリオールを昼前に出る便でしたので、最初の食事はランチ。

ジェネラル・タオ・トーフ、とありましたが、、どこらへんがジェネラル・タオ?

 

この数時間あとにはスナックと称して、すでに記憶にない何かが出て来て、エアカナダのヴィーガン機内食、何度もいただいてるけど、やっぱり空腹は満たされないなあ、と結論。

 

 

f:id:casse-pied:20181231040328j:plain

最後に出て来た朝食。ジャガイモと、トーフスクランブルでした。

朝食は、一般食の方々はオムレツとジャパニーズ・ブレックファストと選べるようでしたが、私の周辺の皆さんはことごとくオムレツを選択。

そりゃそうだ、これから日本に上陸していくらでも美味しい日本の朝ご飯を食べられるのに、誰がモントリオールのケータリング会社の勘違い日本食を選ぶでしょう、、、と思ったら、数人が「ジャパニーズ・ブレックファストってなに?」と聞いているのに対してフライトアテンダントの返事が「ジャスト、ライス」で。(そんなまさか)

北米文化圏出身者でその返事を聞いてそれを選ぶ人はまずいないでしょう。

日本からの便ならもうちょっと売り込みたくなるような食事なのでしょう、、、か?

 

日本の入管のフシギ

日本はオリンピックに向けてあれこれ準備が大変よ、って聞きますが、毎回入管で思うのですが、、、、

 

審査官のお役人様、、、入国する人々にあいさつしましょうよ。

 

挨拶って対人関係で一番の基本、言葉を覚え始めた幼児にも教えてあげて、外国語学習の最初の最初に覚える、基礎ですよね。

 

日本のおもてなし文化、ってあれは商売人と知り合いだけの話なんですかね?

他人は知らんわ、政府は全く関わりないわ、っていうことなんですかね?

 

今回は久々に夫を連れてますので、私のパスポートを処理した後の審査官さんの、夫への対応を見てたんですけど、

 

正直言ってやっぱり変です。

基本的に終始、目を見ない、口をきかない。

 

指紋をとる機械に、どのように指を入れるべきなのか指示もなく、ジェスチャーのみ。

指をしばらく置いてても、ランプの色が変わるとかピーッと音が出るとか言ったフィードバックが無く、これでいいの?と困って聞いている夫に対して一言も言葉をかけることなく、私が画面を見て、これで良いみたいだよ、次はレンズを見て写真撮影しろってことみたいだよ、とサポートする間も無言。

しかも、夫がメガネを外すべきか聞いててもそれも無視し、レンズをじっと見てるすきに夫の顔を盗み見るようにみて、パスポートの写真と照合。

 

目を合わせるのがはずかしいんですかね?

 

パスポートを受け取りながら、ありがとう、と言う夫に、目も見ず頭を上下させてお終い。

異様な光景。

口をきいたらいけないっていうルールでもあるんでしょうか?

 

入管って、外国から押し寄せる、犯罪者や不法滞在する気満々の人かもしれない人々をそこでせき止める重要な所ですけれど、ホームランドセキュリティーガチガチのアメリカの入管のお役人だってハローくらい言いますし、指紋の取り方がうまく行かなければちゃんと指示してくれますし、無愛想ではあっても、無言はあり得ません。

 

英語がわからないからじゃないか、とも思いますが、こういう立場で働く人には、基本的な英語のコミュニケーション能力を要求するもんじゃないんでしょうかね?

 

失礼だから、感じ悪いから、おもてなしになってないから、というより、入国するつもりでそこに立ってる人間の言動や行動が不審かどうか観察、審査するにあたって、きっちりコミュニケーション出来る方が有利じゃないですかね?

 

お役所だから、きっと変わることなく永遠にこのままなんでしょうか、、、、。


ヴィーガン ブログランキングへ