食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

スープナツィとMulligatawny

日曜日、フットボールの試合が午後に二つあり、二つとも観戦したかった我が家では、夕飯は超手抜きにしよう!と言う方針で、スープでした。

いつものことか、、、。 

 

Seinfeldと、スープナツィ

90年代に一世を風靡したアメリカのsit-com, Seinfeld をご存知でしょうか。

あの頃、私の友達はみんな、全員、Seinfeldを見ていましたね。笑

私も結構好きで、いつも楽しみに観ていました。

テレビを持っていなかった私は、ルームメートのテレビで。笑

リビングルームにテレビを置いてなかったんでしょうかね、今思うと不思議です。

f:id:casse-pied:20180124085648j:plain

 

Seinfeldのエピソードで、Soup Nazi(スープナツィ)というのを覚えていらっしゃる方はおいででしょうか。

 

ジェリー(Seinfeld)が住んでいるアパートのほど近くに、最近できたスープ中心の持ち帰り専用のお店があるんだけど、そこのスープが物凄く美味しくて、一度食べたらまた行列しないではいられない!というのがことの始まり。笑

 

日本もバブルの頃、行列して食べ物屋に入ったり食べ物を買ったり、っていうのが流行りましたが、ニューヨークも東京みたいな感じで、そういうのあったんでしょうね。

 

そして、そのお店の親父さんが、ものすごく強烈で、専制君主みたいな感じで、気に入らないと、No soup for you! と吐き出すように言って、そのお客はスープを買わせてもらえないのです。

それでその親父が、Soup Naziと呼ばれるという。笑

日本でもたまに、頑固親父がやってる店、みたいなんで、食べ方の作法を間違えると怒鳴られるとか、注文の仕方を間違えると叱られるとか、そんなのありましたけれども。 

 

このエピソードの中で、イレーンという登場人物が、普通の、ちょっとお喋りで馴れ馴れしいタイプのお客として店に登場して親父を怒らせ、No soup for you!と怒鳴られるのですが、スープナツィ親父の理不尽で横暴な態度に屈しない(その代わりスープを注文させてもらえない)イレーンの態度が私は好きでしたね。

 

一般のお客相手にドアを開けてるお店なら、いろんな人が買いに来るのをきちんと受け止めるべきで、自分の好みのお客さんだけにしか対応したくないなら、お店じゃなくてプライベート・クラブを開けば良いのです。

 

f:id:casse-pied:20180124085720j:plain

No soup for you!!

 

まあそんな話はさておき、このエピソードの中でイレーンが一度だけ食べて、美味しくてたまらん、また食べたい、スープナツィ親父は自分には売ってくれないから、友達に頼んで買って来てもらってでも食べたい、、、と思ったのが、Mulligatawny

 

Mulligatawnyとは、インド占領中に食べた料理をいたく気に入ったイギリス人たちが、彼らの好きな感じで再現した、イギリス版インド風スープカリー、、、、だと私は解釈しています。

 

ほら、日本にも日本風のカレーがあるように、イギリスにもイギリス版がいろいろあるのですけれど、そのうちの一つ。

 

Mulligatawny - Wikipedia

 

うちにあった材料で(この日も冷蔵庫はかなりスカスカだったのです)簡単に作れるので、作りましたよ、

 

Moosewood Restaurant のレシピと、オンラインで見られるEpicurious のレシピ を両方参考に。

 

Mulligatawny Vegan version 

材料

  • 植物性オイル  
  • 750グラム、玉ねぎのみじん切り
  • にんにく 1バルブ (みじん切り)
  • ガラムマサラ 小さじ1
  • クミン、小さじ2 
  • コリアンダーシードを炒って粉にしたものを小さじ2杯
  • カイエンペッパー、好みで
  • カリーリーフ 10枚くらい
  • カルダモン(皮ごとコリアンダーと一緒に炒ってから皮を外して中身をこなにして)
  • レンティル 1カップ半
  • ヴェジブロス 6〜8カップほど 
  • 表面をカリカリに揚げ焼きした豆腐キューブ、350グラムぶんくらい
  • ココナッツミルク 500ml(参考にしたレシピは両方ともこの半量)
  • レモンジュース大さじ3

 

手順

野菜や豆腐は切って、豆腐はカリカリに焼いておき、野菜は玉ねぎから順に香ばしい香りがする程度に茶色くなるまで炒め、スパイス、レンティルを加えてからブロスを加え、レンティルが柔らかくなるまでしばらく加熱(一旦沸騰したら弱火でコトコトと)豆腐を加え、ココナッツミルクを最後の方に加える(あまり煮込まない)

レモン汁(シトラス系ならなんでも)を絞り、もしあればフレッシュなコリアンダーの葉っぱを散らしても。

 

 

f:id:casse-pied:20180124082435j:plain

 

レンティルは、うちにあったのは皮付きのホールのレンティルのみだったので、ちょっと少なめにして使いました。

カレーリーフは、店に置いてあるのが大量なので、毎回買ったら冷凍して置いて、使うたびに枝についてる葉っぱをぐわっと掴んでは鍋にほりこみ、掴んではほりこみしておりますが、どのレシピも大概10枚くらい、って書いてあるようなので、そう言うことなんだと思っています(葉っぱの大きさにもよりますしね。) 

 

写真はあまり美味しそうじゃありませんけど、美味しいですよ。夫が食後鍋に吸い寄せられるように近寄ってつまみ食いしてました。笑


ヴィーガン ブログランキングへ

Veganomiconのスープと小規模水道工事 

f:id:casse-pied:20180117075100j:plain

Veganomicon, The Ultimate Vegan Cookbook, Isa chandra Moskowitz & Terry Hope Romero (2007)

 

金曜の夕飯、

冷蔵庫の中がほぼ空っぽで、食べ物、あるの?っていう状況の我が家。笑

やる気のない夫は、出前とろうよ、というのですけれど、ケチな私は、いやいや、何かあるはず、、、、と。

玉ねぎが一個、人参、、、、、セロリ、、、、ニンニク、、、、

そうだ!

Veganomiconに載っていた、トマト、ライス&ネイヴィービーンスープを作ってみよう!と。

 

トマトの水煮とか、コメとか、そういうものはいつも常備してありますから、買い物に行きそびれて冷蔵庫が寂しい時でもパッと作れるお助けメニューです。

 

ネイヴィービーンズは乾燥したものが常備してありますが、これを作ろうと思い立った金曜の夕方、缶詰の豆はありませんでしたが先日作ったブラックビーンスープで余ったブラックビーンズの水煮が冷蔵庫にあったので、これで代用。

レシピではネイヴィービーンズで白く上品ですが、私のはブラックビーンズでどす黒くなりますが、まあいいでしょう。

豆がもう一声あってもいいなあと感じたので、レンティルもほんの少し入れて見ました。

水に戻さなくても使えるレンティル類はこういう時のお助け豆です。

 

レシピはここには載せられませんが、使った食材だけリストしておきます。

  • 玉ねぎ
  • セロリ
  • にんにく(皮ごと、丸ごとローストします。)
  • 人参
  • トマト水煮(瓶入りのクラッシュ・トマト1本と三分の一使いました)
  • 水(レシピではトマト水煮缶と同じ量)
  • コメ(ブラウン・バスマティを使用しました)
  • 好みのスパイス

 

まだ二つしかレシピを試してませんけれど(しかも両方かなり自己流にアレンジして)この本、結構使いやすいかな、と感じています。

 

 

小規模水道工事

しばらく前から台所の蛇口が、ポットン、ポットン、ポットン、、、と水が滴るようになっていました。

それ以前にも、お湯を出すと、ハンドルの根元から水が少し漏れて来るようになっていました。 

  

ここ数日、かなり悪化してきまして、ポットンポットンから、タラタラタラ〜〜、っと絶え間ない細い流れが蛇口から出て来るようになってしまいまして。

 

面倒臭がりな夫は、元栓を閉めてしまいました。

「おお、元栓閉めたんだ、うるさくないし水も無駄にならないし、いいね」とは言ったものの、そこまで気になるほど悪化してるんだから、そろそろ修理する時だよね。と。

 

今週末は異常気象の「異様にあったかいから雪が溶ける」のサイクルなので、スキーには行けませんから、家のことを片付けるチャンス。

 

ハンドルを外し、カートリッジも外したところ。 

f:id:casse-pied:20180121070247j:plain

最近のフォーセットは、カートリッジ式なのが多いので、簡単に修理できるはず。

(カートリッジそのもの、もしくは、カートリッジの周囲にはめてあるOリングを取り替えるだけ、ナットの部分を締め直すだけ、など)

 

ハンドルを取り外し、カートリッジを外し、ハードウェアストアに替えのカートリッジを探しに出かけましたけども、、、

 

なんと、同じ形状のカートリッジの在庫がなし。

 

この店でフォーセット買ったのに、取り替えカートリッジを在庫しないっていう根性はこれいかに?(買い物嫌いなのにわざわざきてるのに無駄足だったのでちょっと不機嫌気味。)

いくつか陳列されてるものはどれも若干サイズが長すぎたり、土台の穴の形が違ってたり。

店のお兄さんを捕まえて「これを探してるんだけど?」と聞くと、「ああ、それは取り扱ってないよ。線路の向こう側にある、もうちょっとプロ向けなハードウェアストアにならあるよ。」

と。

線路の向こう側には、割と大きめのショッピングモールがあって、週末は混むんですよ。

わざわざそんなところへ乗り込むのは嫌ですけど、しょうがない。

と思ったら、店員さん、私たちが手に持っていた、家から持参したカートリッジをみて「ああ、これもうダメだね、ここのところがイかれてる。」と。

「どこらへんが壊れてるの?どうしてそんなことが一目見てわかるの?」

と聞いたら「この店に来る前、20年間プラマーやってたからね、経験だよ」ですと。

20年も前職に勤めてたことがあるような年齢に見えなかったので、へえ、そんなに長いこと?なんて素直に驚いてたんですけども。

 

でも考えて見たら、プラマー(がっぽがっぽ儲かる仕事)やめて最低賃金レベルのハードウェアストアの店員に転職って、なぜ? 

 

それはさておき、次に行った店の店頭にも、同じものは在庫なし。

 

なんだなんだ、取り替えるの、全然簡単じゃないじゃないの、と思いつつ、その店のおじさんに聞いてみたらば

 

「それね、これ(陳列してあった若干見てくれが違うカートリッジ)でも大丈夫だよ。でもあなた達が言ってる水漏れ問題の75%はカートリッジじゃなくて、土台の問題なんだよね、、、土台の部分に入ってるスプリングとラバーのリングを変えたら治るよ。あげるからちょっと待ってて」と。

 

最初の店の店員さんと言うことがかなり違ってるので戸惑っていると、

 

「これを取り替えたらまず大丈夫。それでもダメだったら新しいカートリッジを買って入れたら治るよ」

と言って、取替えるべきという部品のパッケージのバーコード部分に大きくXを書き、プラミング部門、(多分)おじさんのイニシャル、今日の日付、を書き込んで「はい、これ持ってレジ通っておかえり」と。

 

家に帰って、おじさんが言う通りにカートリッジの土台の部分に入っているゴム製のリングとスプリングの部分を取り替えて、全てをもとどおりに戻してナットをきっちり締め直したら、、、、水漏れが止まりましたよ。ほっ。

f:id:casse-pied:20180121124105j:plain

マジックインキで書き込みがあるのが、おじさんがくれた部品のパッケージ。パッケージに入っていた紙切れに今回の状況をメモ書きして、将来またこの部分がイかれた場合はこの部品もチェックしてみよう、と記録しておきました。道具箱にこれを入れておいて、保険がわりです。笑

 

こう言う作業、作業自体は簡単ですが、ハードウェアストアで途方にくれることって結構あるし、面倒くさくなってプラマーに来てもらったりしたら、時給85ドルくらいにうちに来るまでの時間&ガソリン代、技術代、取り替え部品代(店で売ってる値段よりももちろんぼったくり値段)などなどてんこ盛りで、軽く200〜300ドルくらい請求されかねません。

今回はたまたま二軒目のおじさんの言う通りでしたし、部品ももらっちゃったので、出費は私と夫の時給X買い出しにかかった時間と作業時間含めて、2時間くらい(買い出しの時間がメインです)

まあ、プラマー呼ぶよりはちょっと安かったかな。笑

 

全てが安物になっていく? 

それにしても、フォーセットのハンドル部分に入ってるカートリッジ、シャフトの部分はメタルで、その下の部分、大半はプラスティックだったんですが、お店に陳列されていたカートリッジはどれも全てがシャフト部分までプラスティック。

 

二軒目に行ったお店のおじさん曰く「前はアメリカやカナダで作られてた部品だけど、今はアジアの国で作られてて、素材も全部プラスティックになっててねえ」と。

 

要するに経費削減でそうなったんでしょうけれど、どこの国で作られててもいいけど、全部プラスティックなんだ、それってやっぱり強度という点では劣るっていうことなんだろうなあと。

 

家の修理とかリノベーションとかするたびに目にするんですけれど、何十年前の建材や部品の分厚さとか、材木の大きさとか、新品のものをハードウェアストアに探しに行くと、同じ質やレベルのものってないんですよね。

 

薄っぺらで合成素材で継ぎ接ぎで。

今現在の新品素材で作られてる住宅って、昔のものに比べると実はあんまりガッチリしてないんじゃないのかなあと。

 

今の時点では「最新のテクノロジーを取り入れた新素材で、長持ちする!」とか宣伝されていても、後々何が問題になるのかわかりゃしない。

 

アスベストスだって昔は燃えないミラクル建材と言われてもてはやされてましたしね。


ヴィーガン ブログランキングへ

落し物はなんですか2017-2018冬

f:id:casse-pied:20180118110607j:plain

Go Vegan!    写真は本文とは無関係です。インターネット上で見つけた可愛い写真を借りて見ました。

今日は情けない内容なので、写真でちょっと景気良く盛り上げて始めて見ましょう。

 

 

この冬は、なんだか落し物が続いてます。

普段は私、物をなくしたり落としたり壊したり滅多にしないんですよ。

いや、壊すっていうか、傷をつけちゃうことはあるかな、でも、破壊することは稀です。

要するに物持ちがいいのです。

周囲はとっくに買い換えてるようなものをいつまでもいつまでも使い続けるので、作った人冥利につきるだろう、、あ、どうせ大量生産だからそんな人は存在しないか、てなもんです。

 

子供の頃から、あんまりモノを買ってもらえない境遇だった(親の方針だった)ので、あるものでなんとかせにゃ、っていうのが身についてるのか、そう簡単にあるものを失わないというか、、、。

 

 

それなのに、ああそれなのに。

 

まあ、でもなくしたと気がついた瞬間は「バカバカバカ!」と一瞬自分に怒りを覚えますが、「誰か拾って使ってくれるだろう」という気持ちに切り替えるのにはそんなに時間がかかりません。

 

高級品など所有してないせいでしょうね。笑

 

 

この冬の最初の無くし物は、イヤーマフス。耳当て、、、って言います?

耳だけ暖かくする、ヘッドフォンみたいな形式で、耳にあたる部分がモコモコっとしてるやつです。

f:id:casse-pied:20180118075846j:plain

そんな子どもちゃんみたいなものを使ってたのか!という気もしますが、5年くらい前に(いや、もっと前かも)5ドルで買ったのです。

値段だけ覚えてるのがおばちゃんくさいですが。

これがね、便利だったんですよ。

毛糸の帽子をかぶってスキーすると、汗で首の後ろあたりが濡れてしまうんですけれど、耳あてだけなら、汗かかないんです。

どんなに運動してホカホカしても、耳、鼻、指先は冷気に当たるので冷えますからね。

耳あて付きの帽子でも、私のアジア人頭だと、こちらの西洋人向けの帽子がちょっときつめなので、耳たぶのあたりが浮いてくるんです。

そこが冷えるところだというのに!

f:id:casse-pied:20180118080152j:plain

 

という次第で、耳たぶがしっかり覆われてないと痛くなるような寒い時にスキーに行く時には、逆に毛糸の帽子よりもそのイヤーマフスが便利でした。

 

なのに帰宅途中のメトロの車内で、頭から外してそこらへんにぽいっと置いてたのを、駅に到着して立ち上がる時にうっかり忘れていたんですね。

普段ならまず、そこらへんにぽい、とは置かないし、(バックパックのハンドル部分に引っ掛けるなどして忘れ防止策を講じてるはず)席を立つ時には周りを見回して、何も落としてないよね、と確認するのもいつもの習慣ですが、その日はなぜかそれもしなかったんです。

まあそういう時もありますよね。

 

さようなら、イヤーマフス、、、、

 

そして、先日、全然凍りついてない歩道を、普通にブーツで歩いてメトロに乗って、知り合いとの待ち合わせに向かったんですが、仕事に行く時に使っているバックパックを持って行ったんですが(用途別にバッグを使い分けるなどという洒落たことはしないんで)その脇のメッシュのポケットに、ツルツルに凍った路面を歩く時用のスパイクがついてるクランプオン(と呼んでいます、日本語に何かいい言葉があるのかわからないので、写真を載せましょう)を入れているのですが、お休みでバックパックの中身がスカスカだったせいで、バッグ全体がくしゃっとした状態で膝に置いていた時に、多分メッシュポケットもふわっとなってて、クランプオンの片方だけが落下したようで、、、片足無くしました。

f:id:casse-pied:20180118075742j:plain

 

がーん、ガーン、ガーーーン、、、(片方だけ落としたので、拾った人もきっと使えないゴミだな、と捨ててしまうでしょう。あああ、、)

 

歩道がツルツルの時にこれがないと本当に歩きにくいし、転ぶ可能性増大しますし、今や自分の生活必需品なので、ないと困ります。

イヤーマフは、あほやな自分、と自分を罵りつつまあないならないで、ちょっと耳たぶが寒いことがあってもやり過ごしてますが、クリップオンは生死、いや、無用な骨折や捻挫をするかしないかの分かれ道、、。

 

というわけで、クランプオン、また一足買いに出かけなきゃいけなくなりましたよ。

買物嫌いだから、ものすごく億劫です。

 

ああ、バカな自分。

 

次のペアを買う前にフリージングレインとか、気温上昇してから急降下して路面凍結とか、そういう状況になりませんように。(買い物に行けるのは週末、、週末=混雑、、ヤダヤダヤダ、、と、想像するだけで憂鬱になります。)

 

ちなみに今年はケベック州のみならず、カナダの冬は寒いらしいですが、寒いと言いつつ急激に温度上昇で雪が溶け、その翌日にまた冷え込んで、路面凍結、というのはここ数年のウィンター・ブルーズですので、そういう時に外出を避けられない向きには、このクランプオンは大変便利です。

 

 

私にとって、モノの価値って、実用性と、作ってくれた人がそれを作るのにかけた時間とかワザ、、、、そういう部分です。

 

例えば、これ一つ作るのに1時間かかってるかな、っていうものには、誰かの1時間の労働時間の価値や、そういうのを作って売れるようになるまでの技術養成に必要な時間などが注ぎ込まれてるなあと感じるもの、、、もしくは、そうでないもの、、。

 

発展途上国の労働者や半ば奴隷並みの扱いの人たちがコンベヤ・ベルトの前で単純作業して安く安く製造された物が安く安く出回ってる昨今では、モノって、本当に安いですけれども、必要なものを買いに行くとそういう商品がそこにある、そういう世の中で、買い物っていう行為は嫌気がさすんですよね。

 

こんな安価で末端消費者が買えるって、どういうこっちゃ、って思うと申し訳ないんだけど、だからって売ってる店にチップを置いたって、こき使われてる労働者には一銭も届かないじゃないですか。

 

だから、中古品などの方が、罪悪感は少なくて済むんですけれど、中古品の買い物はまたそれはそれで時間かかるし、探してるものが置いてない場合もあるし、効率が悪い。

効率が悪くとも、じっくり時間をかけて買い物できるならいいけれど、自分が使える自由時間には限りがあって、その時間を買い物なんかに費やしたくない、、、。

 

いっそのこと自分で手作りできちゃったらいいですねえ、、


ヴィーガン ブログランキングへ

Veganomiconのレシピより、豆腐ポット・パイ

f:id:casse-pied:20180116075945j:plain

急激な温度上昇&雨のあと訪れた、「またですか寒波」で凍えた週末の夕食です。

雪がたっぷり降ったので、スキーに行きたい行きたい、と思っていましたが、やることがたくさんでスキーしてる暇がなく、なんだかんだ言ってる間に日曜の夕食の支度の時間になりました。

 

で「あ、今週の買い出し、行くの忘れてたね。」と。

 

うちは毎週土曜あたりに買い出しに行くのですが、土曜は雪かきやら何やらで忙しく、うっかりしていました。

 

まあ、まだ冷蔵庫に残ってる野菜もあるし、飢えることはないわ、平気平気、と。

 

でも、飢えないだろうけど、何を作ろうか、、、と困って手に取ったのが、たまたま図書館で見つけて借りてきた、Veganomicon, The Ultimate Vegan Cookbook でした。

 

f:id:casse-pied:20180117075100j:plain

 

ヴィーガン向けのクックブックって、傾向として、スナック、サラダ、ディップ、バーガー、デザート、スムージー、という感じの構成が多いと感じるので、特に冬場は使えないもの、という思いがあったのですけど、借りるのは無料だし、ヴィーガン先駆者達の工夫をたまには拝見しておかなきゃという気持ちも有り。

  

北米の方が書いてるタイとかインドとかコリアとかスシとかですので、ある程度微笑みながら見てるのですけれど、割と面白そうなレシピをいくつか見つけました。

 

で、ポットパイ。

 

おかず用パイのクラストに砂糖が入るところはちょっと不思議でしたが、砂糖はなかったので無視して、それ以外はレシピ通りに(いや、ヴィーガン・ショートニングなんてものもなかったのでココナッツオイルとヴィーガンバターで代用しましたが。)

出来上がりは割といけましたよ。

 

で、中身のレシピはふむふむと流し読みして、

玉ねぎ、人参、ニンニクは適当にレシピに合わせて準備。

セイタン→なかったのでextra firm tofu

ジャガイモ、セロリ、グリーンピーズ→なかったので、マッシュルームとチャイニーズブロッコリたっぷりで。(ジャガイモはあったけど、気分じゃなかった)

スパイス各種→なんとなく気分で大幅に変更

 

へえ、面白い、と感じたのは、ルーをチックピー・フラワーで作ってるんですね。

それはそのまま真似しました(が、計量せず目分量で)けれどホワイトワインはないので(うちは赤しか飲まない)ヴェジ・ストックで代用。

 

というわけで、このレシピを参考にしました、と言っても嘘ではないですが、本来のレシピとは似ても似つかないものになりました。笑

 

f:id:casse-pied:20180116082020j:plain

ホースラディッシュを添えて食べました。美味しうございました。

 

もしもこの本を持ってる方がいらしたら、参考にしたのは159ページのAlmost All American Seitan Potpieです。

 

きゃすぴえバージョンのレシピは、かいつまんで書くと、

パイクラストを作って冷やしておく(玄関のドアの前が寒いのでそこに置いておきました)

野菜を適当な大きさに切って、玉ねぎ、人参などから順に炒めていき、別鍋で豆腐を角切りにしたのをカリカリっと焦げ目がつくように焼き、野菜の鍋の方にチックピーフラワーを適量入れ、全体に混ぜたらヴェジ・ストックを少しずつ加え、その都度よく混ぜて全体がとろりといい感じになるようにし、その上にパイクラストを乗せて(脇は鍋のふちに沿わせるように入れていく)375度のオーブンで40〜45分焼く。

 

ハーブやスパイスなどの味付けは炒め野菜にチックピーフラワーを加える前にしておきます。葉物の野菜はとろりとした後で加える方が扱いやすいと思われます。

 

レシピの本って結局は何を作ろうか迷ってる時に方向性を見つける時の手助けであって、レシピをじっくり読んでそれに従うことって、やっぱり苦手だなあと再確認しました。

 

インドとかイランとかエスニックの味で、どうやってこの味を出すのだろう、、とか普段から再現したくて不思議がってる料理関係のレシピなら従いますけれど、普段のおかず的レシピに関しては、どうも他人の味付けに従う気になれない、、、。

 

でも、このレシピを見なかったらこれ作りませんでしたからね、用無しだと言ってるんではないですよ。

 

中に入れた具も、次に作る時には全く違う野菜の組み合わせで楽しめますし、キャセロール系は自由がきくから便利です。

 

 

 

 夕飯の支度って、「何作ろう」の方向性が決まらないのが一番大変、、、「なんでもいい、は言わないで、何食べたいか言って」と母がよく言ってましたが(でもじゃあこれが食べたい、と言っても却下されたことは数知れず。)


ヴィーガン ブログランキングへ

体の内&外から温まるには・停電、そして寒波再び 

北米はちょっとした寒波が続いています。

 

f:id:casse-pied:20180115083253j:plain

写真はモントリオールの英語新聞サイトより。リンクはこちら↓

 

 

と思ったら急に温度が上がったりして、北部の、普段寒い地域がプラスの気温になったり、南部の普段は暖かい地域が寒さに震えたり。

異常気象です。

異常気象だ、という表現を聞かない年はないくらい、毎年異常なんですよね。

異常なのが通常か。

 

地球に優しく、環境に優しく、なんて人類が偉そうなこと言ってる間に、地球はどんどん人間が住みにくいところに変化しているのかも。

人間は地球なしには生きていけませんけれど、地球にしてみたら人間がいなくても全然問題ない、てなもんでしょう。

 

フリージング・レインと停電

先週の金曜日は、帰宅した頃から停電になりまして、ずーっと電気のないままでしたよ。

 

電力会社の言い分では夜11時半には戻るはず、ということでしたけど、電気なしでやれることは限られてます。

冷蔵庫はなるべく開けず、卓上コンロで鍋の残り物に野菜を足して食べ、蝋燭と懐中電灯の光でカードゲームをし、ビールの代わりにワインを二本開けたためか、11時半になる前に寝てしまいました。笑

 

夜半過ぎに家中明かりがついている中目が覚めまして、「あ、電気戻ったね」とスイッチを消して再び就寝しました。

 

この停電で思い出したのは、ちょうど20年前のアイスストーム。

あれも1月初めでした。

 

ケベック州と、確かオタワ方面やマリタイムス各州の方まで、かなり広範囲で長期間電力供給が途絶えたのでした。

それもこれも、フリージング・レインという、雪でも雨でもない状態で、木々や電線や屋根、地面などに接してすぐに氷になる傍迷惑な雨が降り続いたせいでした。

 

あの時、街路樹や街の中心にあるマウントロイヤルの木々が凍って、氷の重さに耐えかねた枝々がバリバリバリっと折れる音があちこちから聞こえて来たのを覚えています。

 

そして、町中が停電になり、それが復活しないまま、ある地域などは何週間続いたんでしたっけ、かなりな非常事態でしたよね。

 

ケベック州は、電力発電会社が州の助成金を受けているため、電気代が北米一と言われるほど安く、かなりの広範囲で暖房、調理、湯沸かしなどのエネルギー源が電気に切り替わっています。

 

だから、停電といってもそれは暗くなるだけ、音楽が聞かれなくなるだけ、ではなくて、シャワーも暖房も調理もできなくなるのです。

 

あの時の経験から、自宅に発電機を置いてる家庭も増えたそうですし、電力会社もかなり対策を講じて、現在同じ状況になっても、被害はあそこまで広範囲・長期間には及ばないはずらしいですけど、停電してる間、頭の片隅には「これが終わらなかったら避難所はどこかなあ」なんて思いがあったのは否めません。

 

冬の停電は大概、気温が0度を上回るくらい暖かくなった時に、雨が降った場合に起こります。

 

寒い寒いとみんなが文句を言う今日くらいの気温の時は起こりません。

まあでも、停電したまま復活せず今日の気温になったらたまったもんじゃないですけどね。

 

停電が始まって3時間くらいの時点で、うちの室温は設定温度19度から一度下がって18度になっていました。

外気がもっと寒い場合は、温度のさがり方ももっと早かったかもしれません。

近代住宅の場合はもっと断熱がしっかりしているから、3時間程度では変わらないかも知れません。

 

寒さから身を守る・体温を逃さないためには

体温を逃さないためには、厚着をすると言うよりは、体温を体のそばに保って置けるような、空気のポケットがある状態にしてあげるのが一番です。

ダウンジャケットとかウールとかが防寒に効果的と言われるのはそのため。

化繊でもとても保温効果の高い繊維がたくさんあります。

体温を体から逃さず、なおかつ汗をかかない、万が一汗をかいたらその水分を素早く吸収してなおかつさっさと乾燥して常にドライな状態でいられることが重要。

 

エベレストに登ったりバックカントリーでスキーでキャンプ地へ向かうなどと言う場面ではなく、街中で家から駅まで、もしくは家の中で暖房が切れた場合、などと言うマイルドな環境での防寒は、汗のことはあまり気にしなくてもいいですし、何日も電力が来ないなどと言う場合でもなければ大丈夫。

 

でも基本は、やっぱり汗をかかない(着込み過ぎない)

手、耳、頭、足先、首元などから熱が逃げないようにする(手袋とか帽子とかマフラーとか、、、)

体を覆う洋服については、分厚いセーターを一枚切るよりは、化繊の下着(コットンじゃない方がいい)の上に薄手のセーターやフリースを数枚着て、エアポケットを何層かにしてやるのがいいようです。

そして最後のレイヤーは、ウィンドブレーカーのような、空気を逃さない素材で囲んでやるのです。

 

ちょっと暖かすぎるな、と感じたらすぐに一枚脱ぎます。そうしないと汗をかきますから。

汗をかいたら冷えますので、すぐに濡れた服を脱いで体を拭いて、全て乾いたものに着替えましょう。

それだけでかなり暖かく感じると思います。

 

エネルギーを発することをするのが一番いい

どんなに重ね着を工夫していても、椅子に座ってるだけで動かない状態だったらすぐに冷えを感じると思います。

日本にはコタツがありますから、じっとしている活動の時にはコタツで温めでもらうことができますけれども、停電で何も暖房が使えない場合にはコタツも頼りになりません。

以前ポコ33さんのブログで、小豆カイロと言う可愛らしく暖かそうな工夫が紹介されていましたけれども、どんなに部屋が寒くても、自分の体が熱源だと暖かいんですよね。

 

gominaikurashi.blog.fc2.com

 

カイロで温めてもらう、と言うのは家でのんびりしていたい時に最適な手段ですけれども、カイロを温める熱源が途切れた非常事態の時は、やっぱり家の中でわさわさと動き回るのが一番の暖房です。

 

家事をしながら動き回るもよし。

ちょいとウェイトを持ち上げて筋肉を鍛えるもよし。

ヨガとかピラテスとか、割と静かな運動も、きっちりやってるとじんわり体が温まります。

暖房が使えない非常時の場合は、運動で汗をかかないように要注意ですが。

 

 

心地よい温度は絶対じゃない

普段の室温が21度の人が、19度の部屋にいれば「冷える」と感じると思います。

最近でこそ19度ですが、若い頃は暖房代ケチってたので16度くらいで過ごしていました。笑

日本に帰省すると、夏でも冬でも、どの部屋にいても「蒸し暑い」と感じる私の心地よい気温は、今や日本の家族や友人とはちょっとずれてるようです。

 

日本では、小さな子供を持つ友人や従姉妹が、子供にものすごい厚着をさせるのでいつもびっくりしてしまうのです。

外は寒いから風邪をひいてはいけないからと。

 

でも、寒いって言ったって体温が高く、活発に動き回ってる子供達ですから、そんなにぐるぐる巻きにして厚着させたら汗かいちゃうよ?

汗が冷えて風邪ひいちゃうよ?

 

と言うのですけど、まあ私は子供を育てたことありませんし、北国に住んでるから感覚が変なんだと言われてお終いです。

みーんな厚着させてます。

たまに上着を脱いじゃう子もいますけど、叱られてます。笑

ちょうどいい体感温度って一番わかってるのは本人じゃないのかなと思いますけれど、まあ親は心配してしまうものなのでしょう。

 

子供の頃、いつも薄手のセーターと長袖のアンダーシャツ一枚で学校に行っていた私ですが、あんまり寒かった記憶はないんです。

寒い時期の朝方は0度近くなることもあったらしいんですけども。

だから、やっぱり慣れの問題じゃないのかな、、、と思いますが、、まあそれ以上は言いますまい。笑

 

 

寒いと感じる場合は、我慢なさらずに、

暖かいお茶を飲むとか、暖かいところへ避難するなど なるべく暖かく過ごしてくださいね。

 

  

 私はヴィーガンですから、防寒着にダウンや毛皮は必要ないと声高く主張します。マイナス50度とかいう北極圏に住む人たちが必要だと仰れば、そうかもしれない、と思いますけれど、うちの地域程度の気温なら不要です。 


ヴィーガン ブログランキングへ 

Vegan Yorkshire Come Again Cakeをクランベリーパルプで

クランベリー・リカーをやっと解禁して、

ザルでクランベリーを漉しました。

 

で、漉した後にできるカス、これをそのまま捨てるのはカス好きな私にはできないこと。

アルコールにたっぷり浸かっていたクランベリーカスですから、きっと美味しいはず、と。

 

で、フルーツケーキにでもしてやりましょ、と思いまして、Yorkshire Come Again cakeを再び焼きましたよ。

このケーキについては過去にも書いたと思うのですが、ちょっと検索した限りでは見つけられず。

そんなはずはないなあ、タイトルに別のことを書いたのかもしれないなあ、と。

自分のブログ、ちょっとごちゃごちゃしてきたので、見つけたい記事やカテゴリーの区別をもうちょっとわかりやすく整理する時がそろそろきたなあと思っています。

自分で自分の記事を見つけられなくてどうする、、っていう。。。

 

とまあ、反省はそこまでにして、今回焼いたケーキのレシピは、以前から持っているレシピ(ヴィーガンになる前に焼いて好評だったレシピ、ヴィーガンになってから無理やりヴィーガナイズしたけども焼いてみたらちょっと重たくて、もうちょっと工夫が必要だったレシピ)をさらに工夫して、今回はもうちょっと改善されたヴァージョンになりました。

 

f:id:casse-pied:20180109074252j:plain



丸い型に入れて焼いたので、切り分けて最初に取り分けたピースは先っぽが崩れて小さなサイズ。

味見で十分なので私はこれを。

夫はこれの先っぽの部分と隣のピースと、もう一つお代わりしてました。もうちょっと寝かせた方が美味しくなると思うので、毎日小さなのを一切れずつ食べて、週末くらいが美味しい頃なのでは、、と見ています。

 

Vegan Yorkshire Come Again Cake

 材料

  • 小麦粉(オールパーパス)200グラム(シフトします)
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • 液状の植物オイル125グラム
  • extra firm tofu 100グラム
  • フラックス・エッグ*を2つぶん
  • ドライフルーツ各種合わせて160グラムほど**
  • 製菓用のビターチョコレート 1オンス
  • ブラウンシュガー 135グラム
  • クランベリー・リカーのカスのクランベリー
  • ゴールデンシロップ 大さじ2杯相当
  • ラム&クランベリー・リカー 好みで

 *フラックス・エッグはフラックスシードを粉砕して粉にしたのを大さじ1に対して水大さじ3を混ぜておいてトロトロっとさせたもの。

**今回はドライ・イチジクとドライ・ジンジャーで。

 

手順

  1. オーブンを325℉に余熱しておく
  2. 型に油を敷いて小麦粉をまぶしておく
  3. ドライフルーツの大きいものは刻む
  4. ビターチョコレートも刻んでなるべく細かくする (ちょっとした塊は口に入れたとき嬉しいので、大きさが均等でなくてもよく、チョコチップ大程度の塊がちらほらあっても良い)
  5. フラックスをミルで粉砕し、1:3の割合で水に溶いておく。(x2)
  6. フードプロセッサで豆腐をピュレにし、オイルを加えて滑らかにし、フラックスエッグを加えてさらに撹拌し、ゴールデンシロップを加えてさらに攪拌、ブラウンシュガーも加えて、その都度滑らかになるように攪拌する。
  7. ボウルに小麦粉とベーキングパウダーをふるっておく。
  8. 刻んだドライフルーツとチョコレートを7に混ぜる
  9. 別のボウルにオイル&豆腐ミックスを入れ、クランベリーのカスを混ぜ合わせる。
  10. 粉ミックスを三度に分けて9に加え、ざっと混ぜ合わせたら、型に入れてオーブンで1時間半くらい焼く。
  11. 焼き上がりは爪楊枝を刺したりして確認。
  12. 焼きあがったらラムとクランベリーリカーを合わせてケーキに回しかける。

焼きたてではなくて翌日まで待って食べる。

 

 

今回工夫したこと

 

以前日本で買って帰ってきたヴィーガン(という触れ込みではないけれどほぼヴィーガン)なお菓子盛りだくさんの白崎裕子さんのレシピ各種と、ヴィーガンになる前に作って気に入っていたレシピを融合させてみた傑作です。

 

傑作っていうのは、自分で言ってるだけですけど。

 

自画自賛、これは大いにやるべきだと私は思っています。

プロの菓子職人ならきちんと己の技量のほどを把握して精進せねばいけませんが、所詮素人ですから、楽しく自分が喜んでられれば良いのですよ。 

 

casse-pied.hatenablog.com

 

 

バターの代わりにはココナッツオイルとか植物油とか、いろいろな代用品がありますけれど、以前はココナッツオイルを使っては重すぎるケーキにがっかりしていたんです。

 

今回は、植物油と豆腐を半々くらいで合わせて、それでバターの代わりにしてみました。

白崎さんの本では、植物油や砂糖は菜種油と甜菜糖、というふうにきっちり指定されているのですけれど、両方とも普通に手に入れることができないので、油と砂糖っていうことで大まかに代用。

 

豆腐も、絹ごしどうふ、と書いてありますが、それが普通に買える状況ではないので、この土地で普通に買える豆腐で試してみました。

この土地で普通に買えるextra firm tofuは、絹漉しには似ても似つかぬものなのですが、一番大きな違いは多分水分量かなあ、、、と思うので、多分水分を増やす、もしくは豆腐の量を減らす、という感じで対応すればいいかもしれないと思ったのですが、クランベリーのパルプを入れるため、ヴォッカがまだしっかり含まれていることを考慮して、あえて水分量は変えずに使いました。

 

ヴォッカをギュウギュウと絞って、水分を減らしてから使ってもいいんですけど、フルーツケーキにアルコールがじんわり入ってるって悪くないと思うので、ざるから自然に滴ったぶんは瓶詰めにして、そのあとに滴った分とカスの部分はそのまま全部使いました。

 

焼き上がりにさらにクランベリー・リカーとラムを混ぜてドバドバっとかけておきました。焼きたてを食べるよりはちょっとなじませてから、と思い、型の上に蓋をしておいたのですが、朝方蓋を取って見たらプーンとアルコールの香りがしましたので、子供にはダメですね。笑 

 

 

クランベリーの味はまるで残ってなかったんですけどね。リカーの方に全て移っていったのですね。 


ヴィーガン ブログランキングへ

クランベリー・リカー出来上がり

去年の晩秋に仕込んだクランベリー・リカー、ついに解禁しましたよ。

解禁ってなんやねんて感じですけれど、まあ要するに、クランベリーが漂っている瓶詰めからザルで濾過してドリンクの部分のみを取り出し、瓶に詰めて乾杯した、ということです。笑

 

瓶に詰めちゃったらもう、飲むのは簡単ですから、解禁されたって感じですよね。笑 

casse-pied.hatenablog.com

 

レシピによっては1週間で飲めるようになる、、とありましたが、私が参考にしたものは3週間とあり、3週間待ってから、、、と思ってる間に、色々と忙しくなり、思い出すことはあっても「今日はちょっと面倒臭い」と先延ばしにしてたら年を越してしまいました。

 

f:id:casse-pied:20180107053439j:plain

考えて見たら、私は甘いリカー類は好みじゃなかったので、出来上がったこれ、味見して見て「ふむふむ、ウォッカたしてもいい?」と。

夫はそのままちびちび飲んでますが。

 

出来上がったものは、ワインボトル(750ml)一本と、写真のコンブチャのボトルに少々。

この甘さを考えると、あんまり頻繁に飲まないと思うので、次のクランベリーシーズンまであるかも。笑

 

甘いお酒が好きなお客さんが来たときにも使えそうです。

 

甘い酒はあんまり好みではない私(じゃあなぜ作った、、)は、ざるに残ったカスを見ながら、これはひょっとしてケーキに混ぜたら美味しいフルーツケーキになるかも、という野望を感じ、ケーキも焼きましたよ。

 

豆腐よりおから、日本酒より酒粕が好きなんです、私。

カス派。笑

 

 

ケーキのお話はまた後日


ヴィーガン ブログランキングへ