読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

今年初の、外干しとホワイトアスパラガス

f:id:casse-pied:20170424020045j:plain

私が住んでいる気候帯では、だいたい10月の終わりくらいから今の季節まで、要するに冬の間は、洗濯物を外に干すことはできません。(無理やり干せば干せますが、フリーズドライというか、カチンコチンに凍りますのでおすすめしません。)

 

というしだいで、春がきた、今年もそろそろ外干しができる季節になったぞ、、、と、毎年これが嬉しくってしかたありません。

 

ひょっとしたら去年も同じこと書いてたりして、、と思って自分のブログを検索してみましたが、去年の今頃は、スプリング・クリーニングのことを書いていただけでした。

 

そうそう、家の中や庭の掃除などもしなきゃ。

 

春といえば、春の味覚のホワイトアスパラガスを食べたいとずっと思っているんですが、自分が買い出しに行く時とホワイトアスパラガスが店に並んでいるタイミングが合わなかったのか、今年はまだみてません。

 

うちでは、10分少々茹でて、ライムジュースで食べます。バターではなくオリーブオイルで。

茹で汁はリゾットにします。

いい出汁が出るので、茹でる時には剥いた皮や根元の部分も一緒に水に入れます。

 

実は先週オンタリオへ行った折に泊めてもらった友人のおうちで作ったのですが、写真はありません。

友人と夫と三人で近所のスーパーへ行った時に、たまたま見つけたのでカゴへほりこんで。でもね、チリ産でしたよ。(チリ産でも美味しくいただきましたが、カーボンフットプリントは大きいですね。)

 

南米チリだと秋の始まり?冬の始まり?

本当は春が旬の野菜だと思うのですが、グリーンハウスということもあるし、やっぱり旬という感覚がめちゃくちゃになりやすい昨今です。

 

近所のスーパーではなくて、ちょっと足を伸ばしてファーマーズマーケットまで行けば見つかるかな。

 

グリーンのアスパラガスはじゃんじゃん並んでるのにね、なぜ白いのは希少なんでしょう。

日光を当てられずに栽培されただけで、本来は同じ種なのにね?

f:id:casse-pied:20170424064732j:plain

泊めてもらった友人とは別の友人宅の庭の畑に生えてきたアスパラガスです。彼はそのまま日光に当ててグリーン・アスパラガスとして栽培しています。早速ブランチでバーベキューしていただきました。

  

緑でも白でも、旬のアスパラガス、美味しいです。

 


ヴィーガン ブログランキングへ