食いしん坊、北米でヴィーガンになる

北米で植物性食品を食べて強く生きる記録

思いのほかドカ雪でした。

昨日の帰宅時に携帯で撮った写真は、積雪量としてはまだまだ大した量ではなかったんですが、横殴りに降り続ける吹雪で視界の悪い状況はなんとなく伝わるかなあ、程度のものでした。 今朝は、昨日から降り続いた雪がもっと積もって、こんな感じに。 右手、雪…

デイライト・セイヴィング・タイム、夏時間が始まりましたよ

本日、三月十四日は我が家のある北米東北地帯はスノーストームです。仕事を終えて帰ろうかなーと外を見たら、午後から細かい雪が降り続いていたのが、かなりしっかりと積もり始め、うちの最寄りの駅を降りたらば、すっかり雪景色、いや、ストームでした。 今…

カノウユミコさんのレシピと土鍋

日本に帰省したらぜひカナダに持って帰りたいものが一つありました。 日本のレシピの本です。 ネットであちこちで目にしていて、気になっていた方がいらっしゃったんです。 それは、カノウユミコさん。 随分前から活躍されている方のようなのですが、私がお…

エア・カナダの特別食

今回の旅では、エア・カナダを利用することにしました。 できれば日本の航空会社を利用して、日本経済を支援したいとも思いますが、一般庶民にはチケットの価格が比較的財布に優しいところがやっぱり魅力的に感じられ。 あと、アメリカ経由は極力避けたかっ…

日本での外食 その3

材料を確認したのに肉が入っていたおにぎりのこと 確認したつもりだったのに肉が入っていて、びっくりしたことが2度ほどありました。 おにぎりを買った時がその一つです。 「ねぎみそ」というのが目につきまして、梅とか青菜のおにぎりばっかりじゃなくて、…

日本の食パンスタイルのパンを焼きました。

今日はちょっと日本の話を一休み。 普段週末には翌週食べる分のパンを焼いています。 食べるのは主に夫で、主にサンドイッチなどにしているので、いわゆる食パンのように、スライスして食べやすいものをなるべく焼いていますが、今まで実は、パウンド型で焼…

日本での外食 その2

旅館やホテルで出される食べ物 外食、というのとはちょっと違いますけれど、自宅ではないところでお客として食べるという意味では同じ。 今回は、旅館やホテルでの食事について書きます。 短い滞在中に、いわゆる旅館に一泊、大きな鉄道会社が経営するリゾー…

日本での外食 その1

いやはや、世界中のヴィーガンの皆様、日本に遊びに行くのは大変ですね! 日本にお住いのヴィーガンの皆様は多分いろんなお店をすでに開拓済みだったり、手弁当を持って出かけたり、いろんな裏技を駆使していらっしゃるのでしょうけれど、旅人がフラフラっと…

カナダに戻りました。

あっという間の一週間でしたが、長いフライトの後で「やっと」と言う心情になりつつ我が家に戻ってまいりました。 やー、やっぱりあの長いフライトを耐えて移動するんだから、一週間は短いですよね。 世間には弾丸旅行なんていうのをやる方もいらっしゃるよ…

日本へ

国際線のフライトではヴィーガン・ミールをいただけます。大概特別食は先に持って来てもらえるので、食べ終わるのも他の人達よりも先で、トイレに歯磨きに行くのも順番待ちが入らないことが多いので、ちょっとお得な気分ですよね。笑 機内食ですから、それな…

酒粕チーズをかけたキャセロール

O 酒粕大好きです。 でも、いつも同じようなもの(粕汁)を作っているばっかりなんですけどね。 実は、酒粕で作った甘酒は嫌いです。 酒粕で漬けた漬物も実は好みではない、、、、。 なぜでしょう、酒粕が好きだというのに!? 以前、メウノータの伴さんのレ…

自分(の大事なもの)がわかる、荷造り。

みなさん、旅の荷造りは出発日の何日くらい前から整え始めますか? こういうのって、性格が出るというか、普段の生活のパターンが出るというか、面白いですよね。 私はこういう準備関係って、日本で親元で暮らしていた頃は、親がしっかりきっちりした人たち…

ハートのポテト・リーク・スープ

ジャガイモもリークも、どちらかといえば秋の味覚なのですが、先日リークの割といいのが出ていたので買ってきました。 ナスなんていう、本来ならこの時期食べられないようなものも手に入るご時世(しかも好きなのでやっぱりつい買ってしまいます)ですが、な…

日本のヴィーガン外食裏技を求めて

日本でヴィーガン生活を送っていらっしゃる方々のブログの中でも、訪問したお店について詳しく書いてくださっている方のブログはとてもありがたいですね。 その中で、こんな記事を発見ましたよ! CoCo壱番屋という日本のカレーのチェーン店、私は食べに入っ…

ナスが旨い、ヴィーガン・シェパーズ・パイ

シェパーズ・パイというのは、もともと肉が中心のキャセロールなので、ここで紹介するようなものを「ヴィーガン・シェパーズ・パイ」と言ってしまうと肉好きでシェパーズ・パイ好きな方々にお叱りを受けそうですが。 カナダでシェパーズ・パイと言われるもの…

ヴィーガン対応できなくて2020は大丈夫??

この報道を見た時の気持ちは、45代米国大統領選結果を知った時と方向性は同じ、今思うとそのマグニチュードはかなり小さめでしたが。あちゃー、大丈夫かな、、 日本でのヴィーガン外食環境について色々と検索し続けながら感じたこと それは、 「日本はこんな…

カナダ土産はどうするか。

日本に帰省する時には、大したものではありませんが、やっぱりなんとなく家族にはお土産を持って行きます。 定番は、缶入りメープルシロップ。 ナイアガラのアイスワインとか、BCのハイダのネイティヴ・アートとか、そういう素敵なものも日本からの旅行者が…

日本語を聞き取る練習になるような、、

週に一度、フランス語を母国語とする方と、ランゲージエクスチェンジなるものをやっております。 フランス語をもうちょっとマシにしたい私と、日本語、もうちょっと流暢になりたい彼女。 私のフランス語は、カフェなどで盛り上がってワイワイ喋ってると、た…

温まる、ヴィーガン粕汁

冬は暖かいスープが美味しいですね。 酒粕を入れたスープは、唐辛子とか入れなくても体がホカホカと温まって冬にはぴったり。 私は粕汁が何しろ大好きなので、冷凍庫に酒粕を常備しております。 ヴィーガンになる前は、粕汁といえばサーモンとか豚肉とか、動…

日本のヴィーガン事情はどんな感じ?心の準備

来月、ほんの一週間ですが日本に帰省することになりまして。 ヴィーガンになってから、初めて踏む日本の地でございます。 滞在期間が短い上、一人での帰省ですので、大した観光とか外食を予定しているわけではありません。 夫を連れて帰省するとね、やっぱり…

お店の人に求めることって何だろうか

私が日本の外に住んでいるというので、日本にいる知り合いや親戚にたまに言われることがあります。 「外国ってさあ、店員の態度がめちゃくちゃ悪いよね。日本みたいに丁寧じゃないよね。」 まあ、言いたいことはわかります。 でもね、私は最近よく思うのです…

肉もどきの戻し方と、不要な犠牲

先日購入した肉もどき、ソイミートなのかグルテンミートなのか、どう呼べばいいやら、のソイとグルテンと両方入ったもの。 名前はなんでもいいんですけれど、パッケージになんの指示もなく、適当に我流に戻して調理しましたので、そのメモをば。 乾燥した状…

セイタン・ソイミートで夕ご飯

上に乗っけたコリアンダーで全体像がすっかりわけのわからない状態になっていますね。 先日購入したセイタン、じっくり見て見たら、大豆のタンパクも入っているようで、まあいわゆるソイ・ミートでもあるようで、セイタン&ソイミートということで良いのでし…

残念な味のお店に行ってしまった。

土曜日は夕方映画を観に行く前に、友人たちとご飯を食べに行きました。 ちょっと前にHappy Cowで見つけて、気になっていた「ヴィーガン&ヴェジタリアンのヴェトナム料理」のお店。 フォが大好きだったので、これは行って見たい!と。 ところが、、、、。 タ…

冷蔵庫にあるもので、チャプチェもどき

いや、チャプチェに使う麺を使っているだけで、本当にもどきになりきれているかどうかはちょっと不安ですが。 うちは、基本的に週に一度食料品の買い出しに行くのですが、先週末はオンタリオへ遠征していたので、買い出しはなし。 あるものでなんとかできる…

老後について、ほんのすこし考えてみた

私は世間でいう、いわゆる中年という年代です。 日本ではいつの頃からか、アラサーとかアラフォーとか、そういう言い方が普及したようで、ナンノコッチャ、と思ってましたが。 自分がアラ*なのか、特にここで表明するつもりはありません。 でもまだまだ現役…

オンタリオの義母を訪ねて

むかーし昔、「母を訪ねて、3千里」というお話がありましたが、覚えておいででしょうか、、、。 出発して1分もしないくらいの地元です。先週は割と暖かい日が続いたので、雪もかなり溶けたような。。。 この週末は、義母を訪ねて長距離ドライブしてまいり…

ヴィーガン・フェスティバル!

世界中でで2017に開催予定のヴィーガン・ヴェジタリアン・フェスティバル。www.vegan.comに掲載されたリストから、アメリカとカナダのぶんのリストを転載しました。

私のミミズ・コンポスト

昨夜はものすごい強風でした。 そんな晩は、表にコンポストを捨てに出るのは億劫。 裏庭に直接出られるお勝手口は雪に埋もれたデッキに繋がっているので、冬場は家事とか地震でとっさに家から逃げ出したいような状況でもない限り使いません。 そうすると、玄…

台所で今年の抱負を

新年が明けて、もう1週間過ぎ去りましたね。 あっという間にあら二月だ、もう六月だ半分過ぎた、夏が来た、夏が終わった、ああもう年末だ、というふうにどんどん月日が経って行きますね。 私としましては、五月、六月あたりで時間がゆっくり足踏みしてくれ…

もっと頂戴、Come again!ケーキ

またおいでじゃなくてもっとちょうだい・ケーキ クリスマスに焼いたフルーツケーキ、Yorkshire Come Again Cake のオリジナルのレシピはどこで見つけたんだったっけ、とネット上で色々と探してみましたが、どうもはっきりとしたことがわからず。 前にもそん…

私が乳製品をやめた理由

先日、卵好きだった私が卵をやめた理由について書きました。 今日は乳製品です。 乳製品と卵は時に、「動物がかわいそうで肉を食べないのは解るが、乳製品や卵は動物を殺すわけでもないのに、、、極端だ」 と言われるアイテムですよね。 牛乳 私個人の嗜好と…

疑問!茶渋は取るべきか、お茶道具は洗わないべきか

私はお茶に通じているわけでも、繊細なほのかな微妙なお茶っぱの違いがふんふんと鼻先で嗅いだだけで識別できるわけでも、お茶を愛してやまないわけでもありません。 どちらかというと、お茶は美味しいと思うけれど、自分にあんまり高級なお茶は勿体無いかも…

元日の朝に食べたもの・2017

みなさまおはようございます。そして、明けましておめでとうございます。 と言っても現在はすでに午後1時を回っております。 大晦日は深夜まで起きていて、日付が変わると同時にスパークリング・ワインをあけまして、あけたからには飲み干すまで起きていま…

ヴィーガン・フルーツケーキ

日本は今頃、大晦日の朝でしょうか。 こちらは時差の関係で、三十日の夕方です。まだクリスマスの話です。笑 いえいえ、こちらでは一月六日までクリスマスの飾りも飾ってますしね。 緑のお皿が緑のプレイスマットの上に、、、毒々しい緑かも、、、素敵な白い…

印象の操作は簡単に

以前、夫と朝ごはんを食べていた時、 食卓に出してあったジャムの瓶に蓋をしようと、蓋を手に取った時、蓋の絵柄を見て「素敵な農家で昔ながらの製法で作っているジャム、、て言いたいのかな?」 とふと気になりまして。 フランス製のそのジャムは、もう一つ…

卵好きだった私が卵を辞めた理由

今年のクリスマスの朝食は、豆腐・スクランブル(ブラックソルト入り)といつものホームフライ、ベイクド・ビーンズ、トースト、そして、無礼講だということで朝からバブリー(スパークリングワイン)です。日本の正月の朝みたいな感じです(って私の実家で…

クリスマス当日に焼いたクリスマスケーキ

本日は12月25日、クリスマス当日でございます。 日本では24日が盛り上がり、25日は「翌日」感がかなりあって、しかも時差のせいで今頃は26日の朝ですから、クリスマスなんてもう、過去の話でしょうか。 北米の我が家では、まだまだ25日です。オ…

ヴィーガンと蜂蜜の関係

ヴィーガン・ダイエット(ここでいうダイエットとは痩せるための食餌法のことではありません)をしている、というと、周囲の反応は様々ですが、食品グループごとに、若干反応が違うと言う印象を受けます。 肉 肉は食べ過ぎちゃ行けないのよね〜、私はやめら…

卵の香りのヴィーガン・スクランブル

週末の朝食は、トーストにベイクド・ビーンズ、ホームフライ(フレンチフライのように油たっぷりで揚げるのではなくて油少なめで揚げ焼きにしたもの)ヴィーガンになる前はこれに目玉焼きまたはオムレツ、という具合でした。 ヴィーガンになってからは、Socc…

ターキー・ハムもどき(セイタンレシピ)作りました。

お昼ご飯にサンドイッチ。 夫は、ハムとかチーズとかをパンに挟んでサンドイッチ、というのが一番簡単で馴染みがあるのです。ハムがなければチーズだけ、そんなのでも平気なのです。 でもハムは、肉を食べる人たちだって健康を気にする人たちは避けるように…

冷蔵庫の生地で、bouleを焼いて見た。

先日仕込んで冷蔵庫に寝かしてあった Artisan Bread in Five Minutes a Day のレシピで作った生地。 こないだはピザにしましたが、昨日の晩、やっと基本のパンを焼きました。 Bouleというのはフランス語でボール(球)のこと。フランス語でパン屋さんはBoula…

その容器は大丈夫?プラスティックや化学物質

ずいぶん昔のことですが、テレビで見たプラスティックラップの大手ブランドのコマーシャルが忘れられません。 家庭的な雰囲気の装いをした女優さんだかモデルさんだかが登場して実演するそのコマーシャル。 *ラ*ラップをスープ皿にぴったりと張って、そこ…

帰宅後に作れる!ヴィーガン・ピッツァ

先日仕込んでおいた、毎日5分でアーティザン・ブレッドが食べられる生地を使って、昨日はピッツアで夕ご飯でした。 仕事から帰って、ホッとしてまずビールを一本飲みながら、材料をテーブルの上に並べ始めたのが、6時。 ピッツァ・ソース用にトマト・ペー…

試作!Artisan Bread in Five Minutes a Day

近所にある市の図書館で、Artisan Bread in FIve Minutes a Day (Jeff Hertzberg & Zoe François) という本を見つけたので、借りてきまして、試作しました。 この本はずいぶん前に出ていて、聞いたことはありましたが、なんというか、「アーティザン・ブレ…

大好評・スクワッシュ・スープ

以前に作ったジェイミー・オリヴァー氏のレシピのロースト・スクワッシュの残り物を職場に持っていって昼ごはんに食べていたら、皆さんヤイヤイと「あら、スクワッシュ食べてる」「おお、スクワッシュだ」とスクワッシュのレシピの話で盛り上がりまして、 「…

プラント・ベースト・ダイエットと腸のガス

本日の内容は、お食事しがてら、、にはあまり適さない内容かと思いますので、ご注意ください。(気持ち悪い写真などはありませんのでご安心を。) ヴィーガンに転向するずっと前から、私、野菜は大好きでしたので、野菜7割、動物3割、と言うような食生活で…

もちもちで旨い!手作りテンペ

先週の金曜日の夕飯に、先日仕込んだテンペを使いました。 上の写真でもわかるように、バットの三分の二くらいの面積に敷き詰め、ラップで上から押さえてカチッとするように整えて作りましたが、端の部分(バットの縁に沿った部分ではなく真ん中のライン)は…

虫食いも不細工も、アップルバターに

夏の終わりに収穫した8パウンドの林檎たち。 収穫した翌日にはそのうちほんの800グラムだけがタルト・タタンに。 その後、残り(計量せず)はアップルソースに。 虫食いじゃなければ、そのまま食べればいいんですが、あちこち虫食いなので、かじったとこ…

ブラック・アイド・ピーズの南部風

ブラック・アイド・ピーズは、うちではそれほど良く食べる方ではないというか、自分で乾燥豆から調理をしたのはこれが初めてかもしれません。 北米ではアメリカ南部の方でよく食べられているような、そんな豆です。 割と小さめなので、乾燥豆を一晩水で戻す…